連載第14回(第13回はこちら>>)

【第一印象は「ちょっと時間がかかるな……」と思った青木宣親】

――前回の岩村明憲さんに引き続き、今回も「指導者・八重樫幸雄」として、思い出の選手を伺いたいと思います。岩村さんのほかに思い出に残っている選手は誰でしょうか?

八重樫 うーん、青木(宣親)かな? 当時、若松(勉)さんが監督で、僕が打撃コーチだったんだけど、若松さんが青木をすごく買っていたんだよ。それで、「おいハチ、青木を一軍キャンプに連れていくぞ」って若松さんに言われたことはよく覚えているな。でも、初めてのキャンプで青木を見た時にはビックリしたね。


昨季、日本通算1500安打を達成した青木宣親 photo by Kyodo News

――どのようにビックリしたんですか? いい意味ですか、それとも悪い意味で?

八重樫 悪い意味で(笑)。とにかくボールが前に飛ばない。バッティングフォームが小さすぎて、力強いスインクができない。それに、野球を知らないんだから。ただ、足は速かった。青木は早稲田大学出身でしょ。当時のヤクルトのスカウト部長、小田(義人)さんが早稲田出身だったんだよね。あの頃、早稲田の鳥谷(敬)を見に行ったら、「すごく足の速い選手がいるぞ」ということで、青木の指名を決めたみたい。

――確かに若松さんも、「入団当初はバッティングに課題があったから、1年目はファームでじっくりと育てた」とおっしゃっていました。「野球を知らない」とは、どういう点で、そう感じたんですか?

八重樫 たとえば、彼は「バットの芯」を知らなかったんだよね。あの頃はラミちゃん(アレックス・ラミレス)もいたんだけど、彼はいつも試合前に、僕のところに3〜4本のバットを持ってきたんだ。それで、「バットのバランスや芯の位置を見てほしい」って言うから、僕がバットをチェックしていたんだけど、そうしたら青木に「八重樫さん、何をしているんですか?」って聞かれて。「バットの芯を確認しているんだ」って答えたら、「バットの芯って何ですか?」と言われたことがあった。「こんなことも教わってこなかったのか」って驚いたけど、青木は野球推薦じゃなくて、実力で早稲田に入学したから、バットの細かいことまで教わる機会がなかったのかもね。

――前回の岩村さんについては、「入団後すぐに魅力を感じた」とおっしゃっていましたが、八重樫さんから見た青木選手の印象はいかがでしたか?

八重樫 岩村の時のような感じは抱かなかったかな? だって、体は小さいし力はないし、さっきも言ったようにバッティングも小さかったからね。だから、若松さんには「監督、ちょっと時間がかかると思いますよ」って言ったんだ。

【「腕の速さ」は歴代随一】

――1年目はファームで首位打者を獲得し、2年目にはいよいよ一軍へ。この年、202安打で最多安打、首位打者、新人王を獲得する大ブレイクを果たしました。

八重樫 ファームで首位打者を獲ったけど、詳しく調べてみると内野安打が20本以上あったように記憶しているな。足が速いから、ボテボテのゴロが内野安打になった。そういうヒットも多かったと思うんですよ。だから、内容の伴った3割を打てるようになるのは、時間がかかると思っていたんだけどね。

――結果としての数字ではなく、「内容の伴った3割」を求めたんですね。

八重樫 そう。この頃に青木が言っていたんだけど、大学時代の監督からは「お前は足が速いんだから、何でもいいからとにかく塁に出ろ」と厳しく命じられていたようで、「とにかく当てる。塁に出る」っていうことを意識していた。それで走り打ちが多くなって、どうしてもバッティングが小さくなっていたんだ。ただ、プロ1年目の秋季キャンプで猛練習をしたし、2年目のキャンプ時点ですごく調子がよかったんだよね。それで、「これはいけるかな?」という見立てになったんだ。

――この時点での青木選手の長所はどんなところだったのですか?

八重樫 右手の使い方が格段によくなったのが2年目だったな。それまでは緩んだままボールをとらえていたけど、2年目になると右手に張りが出てきたというのか、きちんと伸び切ったところでボールを叩けるようになってきた。それで、飛距離も、パンチ力も大きくアップしたんですよ。そこで気づいたのは、青木の場合はとにかく「腕が速い」ということ。

――「腕が速い」とは、どういう意味ですか?

八重樫 うーん、瞬間的な腕のスピードと言うのかな? ボールをギリギリまで手元に引き寄せてから、「あっ、ストライクだ」と思ったら、瞬間的にパッと腕を出してファールで逃げることができる。そういう腕の速さなんだよね。

――そういう選手は他にはいたんですか?

八重樫 なかなかいないよ。強いてあげるとすれば、全盛期の高橋慶彦(元広島など)がそうだった。マスクをかぶっていて、「あぁ、見逃すのか」と思った瞬間にバットが出ている。そういうタイプは青木、そして高橋慶彦ぐらいじゃないかな? あとは、加藤博一(元大洋など)も速かったな。

【青木はボクシングの世界チャンピオンになれる逸材】

――「腕の速さ」というのはスイングスピードとはまた別の考えなんですか?

八重樫 そうだね。この頃の青木にはまだ腕の力はなかった。でも、腕の速さというのは、腕力とはまた別なんだよ。とはいえ、もう少しウェイトで腕力を鍛えればホームランだってたくさん打てると思ったよ。だから青木を呼んで、「本格的に鍛えればホームラン30本は打てるぞ」って言ったこともある。この腕の速さは天性のもの。教えても、鍛えても身につけられるものじゃないから。

――長い間、いろいろな選手を見てきて、青木選手と高橋慶彦さん、加藤博一さんくらいしか思い当たらないというのは、本当にレアな才能なんですね。

八重樫 そうですよ。王(貞治)さんも長嶋(茂雄)さんも、どちらかというと、ゆったり構えてゆったりとバットが出てくるイメージだったからね。青木の場合は、ボクシングの世界チャンピオンに匹敵する腕の速さだと思います。だから、彼には「お前がボクシングをやったら、世界チャンピオンになれるよ」って言いましたよ(笑)。

――八重樫さんが『あしたのジョー』の丹下団平に見えてきました(笑)。いきなりそんなことを言われた青木選手の反応はどうだったんですか?

八重樫 キョトンとしていたよ(笑)。どこまで本気で聞いていたのかはわからないけど、「腕の速さは誰にもマネできないお前の才能なんだ」っていうことは何度も彼には話しました。ただ、そのあとの彼の成長の速さは、僕の想像をはるかに上回る驚異的なスピードでしたけどね。

――日本球界で華々しい実績を残し、メジャーリーガーとしても6年間も活躍をしました。成功の要因はどこにあると思いますか?

八重樫 自分の考えを貫いたことですかね。指導者としては難しいところもあるんだけど、彼は自分の考えをしっかり持っていたから、自分で納得しないことはいくら言ってもやろうとしなかった。その代わり、納得すればとことん練習した。そうした試行錯誤を重ね続けたから、青木は成功を収めたんじゃないのかな? プロ3年目だったけど、忘れられない出来事もあったよ。

――どんなことでしょう?

八重樫 プロ3年目はキャンプ、オープン戦とずっと調子がよかったんだ。でも、オープン戦終盤になって開幕が直前になってきたのに、明らかに練習に手を抜いているように見えたんだよね。それで青木に、「どうかしたのか?」と尋ねたら、「あまりにも調子がよすぎるので、少し調子を落としてから開幕に臨もうと思います」って言うんだよ。「調子がいいのに、あえて調子を落とす」なんて初めて聞いたから、あの時は驚いたけど、それも青木らしいよね(笑)。

――ベテラン選手として、まだまだチームに欠かせない存在の青木選手ですが、八重樫さんが彼に望むことは何でしょうか?

八重樫 練習態度も、試合に臨む姿も申し分ないし、メジャーリーガーとしてもいろいろな経験を積んでいるわけだから、青木には真のリーダーになってほしい。彼の場合は先天的な腕の速さと、不断の努力で今の地位を築いた。それをどうやって、若手にも理解できるように伝えていくか。今年からキャプテンに就任した青木には、自分の成績だけではなく、リーダーシップも期待しているよ。
(第15回につづく)

著者:長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi