番外編

【ニュース速報で知った突然の訃報】

――2月11日、野村克也さんが亡くなられました。八重樫さんが第一報を知ったのはいつのことでしたか?

八重樫 11日の朝、自宅でテレビを見ていたときにニュース速報で知りました。あまりにも突然のことで、「えっ……」って言葉を失って、しばらくの間は信じられなかった。でも、その後の続報が入ってくるうちにようやく現実感が出てきて……。


選手、監督として球史に名を残した野村克也

――野村さんに最後に会ったのはいつのことですか?

八重樫 1月20日に行なわれたヤクルトOB会ですよ。車椅子には乗っていたけど、顔色もよかったし、みんなの前で「ヘッドコーチに就任したい」って発言したり、全盛時のノムさんが復活していた感じだったよね。むしろ、昨年7月のドリームゲームのときよりもずっと元気に見えたから、なおさらこんなに早く亡くなるなんて、本当に信じられない……。

――野村さんがヤクルトの監督に就任したのが1990(平成2)年のことでした。このとき八重樫さんはプロ21年目の大ベテランでしたが、野村さんは八重樫さんにどのように接していたんですか?

八重樫 僕や杉浦(享)、角(富士夫)のようなベテラン選手に対する気遣いはすごくありましたよ。報道で伝えられているように、池山(隆寛)や古田(敦也)たちがすごく厳しく育てられたイメージが世間の人にはあるのかもしれないけど、僕らに対しては練習や調整方法も自主性に任せてくれたし、僕の場合は代打のいい場面で起用してもらったりしたよね。逆に、「えっ、こんな大事な場面でオレでいいの?」って思うぐらい(笑)。

――ご自身も45歳まで現役を続けた野村さんだからこそ、ベテラン選手の心情をよく理解していたのかもしれないですね。

八重樫 確かにそうかもしれないね。「もう今さら何を言っても成長はしない」って思われていたのかもしれないけど(笑)、僕らベテラン勢にとっては何も不満のないやりやすい監督だった。そんな印象がノムさんにはありますね。

【「しゃべる練習をしろ」とアドバイスされた】

――野村監督がヤクルトに来る以前と、それ以降では、チーム内にはどのような変化がありましたか?

八重樫 ノムさん以前とノムさん以後では、チームの雰囲気がガラッと変わったよね。1年目の1990年は5位で、2年目の1991年に3位になったけど、この2年間の違いがすごく印象的なんだ。1年目のミーティングは人格形成というのか、人間教育というのか、とにかく「人間とは?」「人生とは?」という精神面の話が多かった。だけど、それを踏まえて、2年目になると具体的な戦術に入っていって、少しずつ少しずつチームが強くなっていった気がする。

――当時ベテランだった八重樫さんにとっては、現役晩年にまた新たな野球観が植えつけられたような感じなんですか?

八重樫 そうだね。まったく新しい価値観だったな。結果的に、そのおかげで僕は42歳まで現役を続けられたと思う。それまで培った技術と経験に加えて、ベテランになってから頭を使うことを覚えて、それで結果的に選手寿命が延びた。それがなかったら、体力の衰えとともにもっと早く引退していたはずだから。

――1993年に日本一になるとともに、この年限りで八重樫さんは現役を引退しました。八重樫さんの引退パーティーでの野村さんのスピーチが話題となりましたよね。

八重樫 そうそう。ノムさんに言われたのは「お前はオレと同じで無口なタイプだから損をすることが多い。でも、野球を引退したら、これからはしゃべることが大切になるから、しっかりしゃべる練習をしなさい」って言われたんだよね(笑)。確かにノムさんも現役のときは無口だったけど、現役を引退して評論家になってから、すごくしゃべる練習をしたんだと思うよ。実際に、すごくうまくしゃべれるようになっていたから。

――現役引退後、野村さんからのアドバイスをきちんと実践したんですか?

八重樫 しましたよ。本当なら講演の依頼が来ても、「オレには向いていないや」って断っていたと思うけど、ノムさんの言葉があったから、「何事も経験だ」ってチャレンジするようになったし、おかげで人前で口を開くことが少しずつラクになったよ。ノムさんのアドバイスがすごく役立ったよね(笑)。

【いつもノムさんの影響を受けていた】

――現役引退後、八重樫さんは指導者の道に進みます。野村監督時代の1997年、そして1998年は野村さんが一軍監督、八重樫さんが二軍監督という関係でした。この頃、一軍、二軍の監督間のやり取りはどの程度行われていたのですか?

八重樫 月に一度程度でしたよ。でも、ノムさんからは特に何も言われなかったな。

――自由にやらせてもらえていたんですか?

八重樫 自由でしたね。二軍監督になるときに言われたのは「ハチ、お前の好きなようにしていいからな」ってことでしたね。ただ一つだけ言われたのは「若い選手の食育だけはしっかりと面倒を見てくれ」っていうことだった。

――「食育」についてのみ、野村監督から要望があったんですか?

八重樫 そう。「今の若い選手は食生活が乱暴だ」って言っていたかな? プロ野球選手は体が資本なのに、若い選手たちは食に無頓着でコンビニで売っているスナック菓子ばかり食べている。だから、きちんと食べることの大切さを伝えてほしい。そんなことだけ言われましたね。

――そして、野村さんは1998年シーズンを最後にヤクルトを去りました。それ以降は八重樫さんとの接点も少なくなっていくんですね。

八重樫 そうですね。それ以降はお会いする機会は減りました。でも、その後も野村さんのミーティングのノートを読み返したり、ノムさんの教えを思い返したり、間接的な接点は続いていたつもりだけどね。本当に野球が好きで、野球を徹底的に勉強した人なんだなって、あらためて感じました。

――その野村さんも天国に旅立たれました。改めて、八重樫さんから野村さんへの追悼の言葉を聞かせていただけますか?

八重樫 野村さんとの出会いは現役晩年のことだったけど、42歳まで納得のいく現役生活を送ることができたのは間違いなくノムさんのおかげでした。その後、指導者となったときにも、ノムさんから教わったことがベースになっていました。

 それからスカウトになって、還暦を過ぎても野球に携わることができたのは、やっぱりノムさんにいろいろなことを教わったからだと思うんだよね。まだまだ長生きしてほしかったし、長生きできると思っていたから、今回の突然の死は本当にショックだし、本当に悲しいです。本当にどうもありがとうございました。どうぞ、安らかにお眠りください……。

著者:長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi