昨年、独立リーグからMLBの球団と契約を交わしたひとりの投手が話題になった。彼の名は北方悠誠(きたがた・ゆうじょう)。2011年にドラフト1巡目でDeNAに入団。160キロに迫ろうかというストレートを武器に将来を嘱望されたが、制球難からNPBではその才能を開花させることなく、独立リーグで捲土重来を期していた。

 しかし、そこでも一時は打者に転向するなど思うような成績を残せず、毎年のように戦力外通告を受けていた。だが昨年、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスで不死鳥のようによみがえり、シーズン開幕後、MLBのロサンゼルス・ドジャースからオファーを受け、海を渡った。


オフの間はオーストラリアのウインターリーグでプレーした北方悠誠

 そして今、北方はニュージーランドのプロ球団「オークランド・トゥアタラ」で2020年のスタートを切った。

 アメリカでの初シーズンは、「まず環境に慣れるため」と最下位のルーキーリーグで過ごした。少しばかりの契約金と独立時代とさほど変わらない給料だったが、ホテル代は球団持ち、食事もミールマネーが出るので生活に困ることはなかった。

 アメリカでの成績は13試合に登板して0勝1敗1セーブ、防御率7.20。四球は15イニングで17と相変わらず多かったが、先発、リリーフの両方で起用されたということは、球団もまずは北方のポテンシャルを試し、今後の方向性を見定めようとしたのだろう。

 北方自身も数字は気にしなかった。むしろ、これまで日本球界での評価がリセットされたことで、思う存分、野球を楽しむことができたという。

「このクラスでなら、ある程度ストライクゾーンに投げることができれば勝負できるかなって、手応えを感じました。球威だけなら、こっちでも十分にやっていけると思いました」

 そう語る北方がアメリカで見つけた課題は、制球力ではなく、変化球だった。なにかひとつ、変化球をストライクゾーン周辺に決めることができれば、上のレベルでも勝負できる。そして北方が勝負球に選んだのがスライダーだ。

「スライダーがしっかり決まって、狙い球を絞らせなければ、ストレートで差し込むことができていたので……それですね」

 高校からプロに入った投手にありがちなことだが、急激に狭くなるプロのストライクゾーンに苦しみ、本来の力を発揮できずに去った投手は少なくない。北方もそのひとりだった。だが今は、日本で悩まされていたストライクゾーンは、まったく気にならなくなったという。

「去年、栃木でプレーしていた時点で、もうストライクゾーンは気にならなくなっていました。打者が打てるコースに投げる練習をしていましたから。それにアメリカでは、みんなどんどん振ってくるので、カウントを稼ぐのが楽でした」

 マイナーリーグ、とくに育成に重きを置くシングルA以下のカテゴリーでは、試合、練習のスケジュールは球団により厳密に管理されている。ドミニカのルーキーリーグなどでは、すべての練習が球団スタッフの目の届くところでしか行なえず、練習のやりすぎを防止するため、トレーニング場にカギをかける球団もある。

 北方の所属していたアリゾナのルーキーリーグは、選手が自身のルーティンを持っているので、そこまでの管理はない。そもそも与えられたメニューをこなしながら自分に合ったトレーニング法を探していくという意識が高いため、トレーニング方法をアレンジすることはあっても、量を増やすという発想はあまりない。こういう練習環境も、北方にフィットしたようだ。

「もともと独立リーグ時代も、練習量はあまり求めていませんでした。チーム全体のメニューはやるんですけど、それが自分にとって多いと感じた時は個人の練習量を減らし、少ないと感じたら増やしていました。アメリカでも必要最低限はやっていました。多すぎても体に負担がかかるだけなんで」

 そうした環境を経験したことは、ニュージーランドで役に立った。ここではトレーナーはアップの時しか指導せず、トレーニングは各自でこなす。幸い、寮から歩いて15分ほどのところにある本拠地は、もともと地元ラグビーチームのホームスタジアムでもあるので、ジムなどの設備面もそれなりに充実している。

 食事面についても、アメリカとニュージーランドではずいぶんと違う。ホテルや球場の食堂で栄養士の管理のもと、きちんとした食事が提供されていたアメリカと違い、ニュージーランドは自己管理となっている。

「アメリカはおかわりが自由なので、量は管理されていないんですけど、トレーナーがちゃんとついていますから、太りすぎたら言われます。ニュージーランドは、食事に関しては遠征時にはミールマネーが出て、ホームの時は寮できちんと出してくれるという話だったんですけど……バラバラですね(笑)。今は寮の食事が出ていません。だから、外に食べに行くんですけど、やっぱり寮で食べるのがいいですよね。それにミールマネーもいつの間にか出なくなったので、今、交渉中です」

 プロがプレーする場として、まだまだ課題の多いニュージーランドだが、北方は自ら希望してここへやってきた。

 ルーキーリーグのシーズンは8月末には終了する。北方はいったん帰国し、古巣・栃木でトレーニングを続け、秋に行なわれる若手主体のインストラクションリーグ(教育リーグ)に参加するため再びアリゾナへ渡った。

 その後、ここで得た感触をさらに磨くべく、北方はウインターリーグ参加の希望を球団に伝えた。MLB球団に所属するマイナーリーガーの多くは、球団を通して各国のウインターリーグでプレーする。実戦の場が与えられ、おまけにオフの間の収入を確保できるウインターリーグは、マイナーリーガーにとっては絶好の場所である。

 球団は選手のレベルを考慮して、最善のリーグを探してくる。北方の行き先として球団が提示したのは、オーストラリア・リーグ(ABL)の新興球団、ニュージーランドに本拠を置く、「オークランド・トゥアタラ」だった。

 ここにドジャースはスカウトを投手コーチとして送り込み、若い選手と行動をともにしながら選手を見定めるのだ。そしてフリーエージェント(どこの球団とも契約していない選手)でいい素材を見つけると球団に報告する。

 MLBの球団がマイナー選手をウインターリーグでプレーさせるのは、あくまで育成のためだ。だから投手に関しては、徹底的に管理がなされる。ドジャースの場合、連投はいかなる場合も禁止、登板間隔は投げたイニング数で決まる。

 たとえば、1イニング投げれば最低でも中1日、2イニングならば中2日、登板を空けないといけない。だから先発投手は、週末にかけての4連戦が基本のABLでは、必然的に週1回の登板となる。勝ちパターンのブルペンを務める北方は、多くても週2回の登板で、クローザーを務めることもある。そうしたシステムについては、すでにアメリカで経験していることもあり、すんなり入っていけたという。

 自慢のストレートは、マイナーリーグでもウインターリーグでも十分に通用することがわかった。あとはそれをどう生かすかである。球速にプライドを持っているのは、「僕がこのチームで一番速いと思いますよ」というセリフからもうかがえる。

 このスピード王の人気はウインターリーグでも高く、北方がマウンドに上がると「レッツゴー、ユージョー」の声が上がる。自慢のストレートが決まった時には、場内からひときわ大きな歓声が上がるのだが、とくに意識することなく、あとで映像を見て気づくのだという。

「もともとスタンドの歓声はあまり気にならないんです。日本にいる時もヤジが飛んだりしますが、『なんか言ってるな』くらいにしか思いませんでした」

 そして北方が今、取り組んでいるテーマは「打たれること」だそうだ。その真意を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「要するに、打たれるコースに投げています。コンタクトしてもらわないと。すべて三振を狙いにいくと力んでしまいますから。自分の場合、他人より真っすぐは速いと思っているので、その真っすぐを生かせるような、最終的にはしっかり腕を振って戦えるようなカウントつくりを優先したいんです」

 年明け最初の試合で、北方はゲームを締めるべく最終回のマウンドに上がった。そこには、もうストライクを取るのに苦しむ北方の姿はなかった。味方のエラーなどもあって失点は喫したが、最後は磨きをかけているスライダーで三振に打ち取り、試合を締めた。

「ここでは課題をクリアにしていって、自分の感覚をよくすることを考えています。だから、あまり数字は気にしていません。ここでの経験を生かしていいものを持って帰りたいです」

 年齢的にも2Aくらいでスタートしないと先が見えてこないのでは……と思うのだが、北方は「年齢は気にしていません」ときっぱり言った。

 はたして、目標であるメジャーにどれだけ近づくことができるのか。ウインターリーグでの経験を糧に、アメリカでの2年目のシーズンに挑む。

著者:阿佐智●文 text by Asa Satoshi