6月27日、リーガ・エスパニョーラ第32節。2位のバルセロナは敵地バライードスで、降格回避に必死なセルタに2−2と引き分けた。首位レアル・マドリードがエスパニョールに勝利を収め、勝ち点差は2になった。

「バルサは優勝を逃したのか?」

 スペイン大手スポーツ紙で、マドリード寄りである『アス』は、緊急アンケートをネットで行なっている。

「Si」

 約62%が「イエス」と答える結果が出た。残り6試合。バルサのリーガ連覇の可能性は消えたのか?


ルイス・スアレスが2得点を挙げたが、セルタに追いつかれたバルセロナ

 結論から言えば、バルサは逆転の可能性をまだ十分に残している。レアル・マドリードが勝ち点を取りこぼす見込みがないわけではない。1試合でひっくり返るわけで、最終節まで拮抗した場合、緊張から何が起きても不思議はない。だが……。

 セルタ戦でドローに終わったバルサだが、コロナ禍を経てのリーグ戦再開後、筆者が思うベストゲームを見せている。

 下部組織「ラ・マシア」出身の20歳MFリキ・プッチ(リカルド・プイグ)が今シーズン、リーガ初先発。同じく、17歳のアンス・ファティも左アタッカーとしてプレーした。

 2人はテンポよくボールを動かし、プレーにスピードを与え、推進力を生み出し、存分に”バルサらしさ”を演出していた。

 エースのリオネル・メッシは、2人の若手とパス交換するたび、プレーの精度を増していった。バルサ本来のオートマチズムの心地よさか。預けたら、戻ってくる。そのリズムに身を浸しながら、プレースピードをどんどん上げた。

 メッシの感覚は鋭敏になっていた。象徴的なのが、前半20分のFKの場面だろう。直接狙えるところだったが、敵の対策を計算し、フリーになっていたルイス・スアレスに合わせ、ゴールを生み出した。スアレスとは、阿吽の呼吸だった。敵陣でボールを奪い返した後、メッシがスアレスに折り返し、反転からのシュートで奪った2点目も同様だ。

 バルサのサッカーの本質は、コンビネーションにある。

 一方、ラ・マシア組以外はノッキングする選手が多かった。サムエル・ウムティティの起用はひとつのミステリーで、「Indescifrable」(解読不能)という雑なプレーの連続。ネルソン・セメドは抜群の身体能力で強度は高いが、依然としてコンビネーションは合っていない。アルトゥーロ・ビダルもこの日に関しては、ブレーキになっていた。

 危惧すべきは、最後の10分だろう。

 マルティン・ブライスワイト、アントワーヌ・グリーズマン、ジュニオル・フィルポ、アルトゥール・メロと、移籍金だけで250億円ほどの大金をつぎ込んだ選手たちを次々に投入。するとプレーの質は、明らかに劣化した。

 ボールが転がらなくなり、FKを直接叩き込まれ、同点に追いつかれてしまった。終了直前にも守備の乱れで決定機を与えたが、相手選手のシュートがGKの正面で、事なきを得た。

 バルサは”始祖”ヨハン・クライフ以来、独自のボールゲームをラ・マシアから一貫して作り上げてきた。ロマーリオ、リバウド、ロナウジーニョのような超一流選手の補強は必要だったが、土台はラ・マシア組だった。なぜなら、能力が高いからと大枚を叩いても、ボールをつなげて敵陣に迫る独特のテンポに合わないからだ。

 フィリペ・コウチーニョは、1億2000万ユーロ(約160億円)の移籍金で獲得したが、肌に合わなかった。今シーズンはバイエルン・ミュンヘンにレンタルで出したが、評価は低下する一方だ。市場価値は3分の1になっていると言われ、引き取り手がないありさまだ。

「金庫にお金がない」

 それは噂ではなく、周知の事実である。今年1月には、ストライカー獲得のため、カルレス・ペレス、アレハンドロ・マルケスというラ・マシア出身の若手を売却せざるを得なかった。そして有望な若手を売って手にしたのが、29歳のブライスワイトという”凡庸の域を出ない”FWだったのは悪い冗談か。

 ブライスワイトは献身的かつ謙虚な選手で、たとえば交代直後は勢いを出せるが、数分で埋もれてしまう。23億円の移籍金の価値は見出せない。戦術の邪魔にならないだけで、ストライカーとしては突出したものがなく(得点力はスアレスの足元にも及ばない)、バルサの選手としては物足りないと言わざるを得ない。ユーティリティ性や戦術適応なら、ペレスで十分だった。

 来季に向け、バルサはアルトゥールとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)の交換トレードを発表した。

 また、ポルトガルU―21代表の左利きサイドアタッカー、フランシスコ・トリンカオ(ブラガ)、スペインU―21代表の右利きサイドアタッカー、ペドリ(ペドロ・ゴンサレス・ロペス/ラス・パルマス)の加入も決定済み。他にスアレス級のストライカーも物色中で、ラウタロ・マルティネス(インテル)が有力か。

 しかし、いま必要なのはむしろ果断な”人員整理”だろう。コウチーニョを筆頭に、ウムティティ、セメド、ブライスワイト、場合によってはグリーズマンも売りに出すべきかもしれない。

 このままではバルサらしさは消失する。ジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケッツ、メッシのような選手がトップコンディションでいる間に、ラ・マシア組の次世代を引き上げることができるか。それによって、バルサの未来が左右される――。

 今シーズン優勝できるかどうかよりも、それは深刻な問題だ。

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki