◆巨人がドラフト1位で狙うスラッガーの正体>>

 彗星のごとく現れ、その後、突如消えた本格派右腕が再び表舞台へと戻ってきた。JR東日本の石井聖太(しょうた)は、特別な思いを持って9月23日から始まる都市対抗予選に臨む。


最速149キロを誇るJR東日本の石井聖太

 千葉県市川市に生まれの石井は、市川リトルで野球を始め、中学時代は強豪・江戸川中央リトルシニアでプレー。ベンチ入りギリギリの6番手投手だったが、中央学院高校(千葉)に進学し、市船橋、大体大、シダックスで投手としてプレーした相馬幸樹監督に見出され花が開く。

 1年夏からベンチ入りを果たすと「1年の時は楽しくのびのびと、2年で考え方を教えてもらい、3年になると任された。いま思えばうまくコントロールされていました」と笑うように、相馬監督のもと着実に力をつけた。

 甲子園出場は果たせなかったが、3年夏は激戦区・千葉でチームを8強まで導いた。

 高校で自信をつかんだ石井は、中央学院大に進学。そして2年春に鮮烈な全国デビューを果たす。

 リーグ戦(千葉県大学野球連盟)で防御率0.96と好投し優勝に貢献すると、全日本大学野球選手権では1回戦の第一工業大で先発。8回一死まで走者をひとりも出さず、結局、2安打14奪三振の完封勝利。

 わかっていても打てない伸びのある最速147キロのストレート(当時)に、フォーク、カーブ、スライダーの変化球も冴え、一躍、大学球界の注目選手となった。

 だが、その栄光も一瞬だった。準々決勝の東海大北海道戦で右肘内側側副靭帯を損傷し、1イニングで降板。チームは過去最高の全国準優勝まで上り詰めたが、その後、石井は長いリハビリを強いられることになる。

 その期間、とくに同部屋の先輩左腕である田邉樹大(現・七十七銀行)が「いいきっかけになるはずだから負けるな」と励ましてくれた。菅原悦郎監督も焦らぬように温かい声をかけてくれた。そんな支えもあって乗り越えることができた。

 ただ、公式戦復帰となった4年春のリーグ戦では試合勘を取り戻せず、恐怖心からヒジをかばってしまい不調。プロ入りは果たせず、社会人野球屈指の強豪であるJR東日本に入社した。

 1年目は思うような結果を残せなかったが、2年目の今季、大きな飛躍を遂げることになる。

 コロナ禍により長い自粛を強いられたが、それが明けるとアマチュアの強豪チームやNPB相手に好投を続けた。なかでも6月下旬の巨人三軍戦では5回を投げて無安打、5奪三振と圧巻のピッチングを見せた。

 その要因はいくつかある。昨年はいいところに投げようとしすぎるあまり、逆に制球力に課題を残したが、今年は「キャッチャーミットまでの軌道をイメージするように」と意識を変えた結果、制球力だけでなく持ち味のキレのよさも磨かれた。

 なにより大きかったのは、「しがみついてでもプロに行きたい」というがむしゃらさが出たことだ。

 きっかけは同期のケガだった。捕手として入部した柴田紘佑が自打球を目に直撃させる大ケガを負ってしまった。それでも投手に転向し、なんとかチームの力になろうとする柴田の姿勢に考えさせられるものがあったという。

「柴田の姿を見て、僕はこれまでケガを言い訳にしていたと思いました。でも、僕のケガなんてたいしたことはない。『オレも本気になる。一緒に頑張ろう』と柴田に伝えました」

◆ドラフト指名請負人、元広島・西田真二の育成術>>

 大学時代に抱いたNPB入りの夢に向かって、もう一度ギアを入れ直した。持ち味だった右腕のしなりを使ったフォームも復活した。

「僕より結果や実績を残してきた選手はたくさんいます。自分はヘタクソだと思って、もう一度やってやろうという気持ちです」

 これまでは、いい意味でも悪い意味でもおっとりとしたマイペースな印象があっただけに、次々と口をつく熱い言葉に驚いた。

 身長179センチ、体重82キロと大型投手が増えた今ではそこまで目立つ体格ではないが、最速149キロのストレートは球速以上に伸びとキレがあり、打者を詰まらせる。また、「社会人はごまかしが効きません」と語るように、強者揃いの社会人の打者相手にも通用する変化球も身につけた。

 9月23日から始まる都市対抗予選。チームを勝利に導くため、今度こそNPB入りの夢を実現するため、石井は最高のピッチングを誓う。

著者:高木遊●文 text by Takagi Yu