桐蔭横浜大学野球部の齊藤博久監督は、2020年ドラフト1位で西武に指名された渡部健人がプロに旅立つ際に伝えようと思っていることがある。

「ドラフト1位はよかったけど、おまえのことを評価せず、調査書を持ってこなかった球団が3つあるんだぞ。それを忘れるんじゃない。見返してやれ!」

 早稲田大学の早川隆久(楽天)と近畿大学の佐藤輝明(阪神)が注目を集めた昨年秋のドラフトで、最も驚かれた1位指名が渡部だった。通常、ドラ1で指名されるような選手には、全球団から調査書が届くものだ。それが渡部の場合、3球団はリストアップさえしていなかった。


昨年秋のドラフトで西武から1位指名を受けた渡部健人

 ドラフト2位以下でも獲得できたのではないか----。西武が渡部を外れ1位で指名した際、こうした声が少なからず聞こえた。

 一方、齋藤監督があとから"答え合わせ"をすると、2位指名で検討していた球団が複数あった。そのひとつは、外れ外れ1位で指名を考えていたという。西武はこうした動きを察知し、他球団より先に入札したのかもしれない。

 176センチ、112キロ。横浜スタジアムのレフト上段に突き刺すほど"規格外"のパワーを誇る渡部は、球団によって大きく評価が分かれている。その一因として考えられるのは、本格ブレイクしたのがドラフト直前と遅いことだ。

 4年間の軌跡を見てきた齋藤監督は、渡部の今後について率直に語る。

「大学では打ってない期間のほうが長いから、不安はものすごくある。ただ、あいつの持っている能力はすごい。1ランク、2ランクも上のプロの世界でバッティングを教わったら、どんな選手になるんだろうというワクワク感もある」

 無限の可能性を秘めたホームランアーティスト----。

 そんな自身の才能を渡部が初めて実感したのは、小学4年生の頃だった。小1で野球を始めて以来、初めて本塁打を放ったのだ。

「自分の打球は周りの人より飛んでいるんじゃないかと思いました。当たったら勝手に飛んでくれるので、自分のスイングをすれば飛ぶんだなと」

 当時から周囲より大きく、中学入学時には90キロ近くあった。日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれたこともあり、「海外とのハーフだから、本当は同級生より1歳上なんじゃないか」と噂を流されたほどだ。

 中学の硬式チームで課される通称"タッパ飯"(文字どおり、タッパーにぎっしり入れたご飯を食べ切らないと練習に参加できないというチーム内ルール)はキツかったが、チョコレートが大好きで、「暇さえあれば、おやつを食べていました」。

 愛嬌あるルックスに加え、どこかラテンや南国気質を感じさせる大らかなキャラクターが周囲に愛された。日本ウェルネス高校ではプロ志望届を提出したものの、指名漏れとなり、地元で環境もいい桐蔭横浜大学に進学する。齋藤監督は入学時に110キロあった巨漢を、1年春季リーグ開幕戦から「4番の器があった」と打線の中心に据えた。

 ところが1年秋から打てなくなり、2年春のリーグ開幕前に打撃改造を行なう。それまでは左手主導で打っていたが、OBの甲川稔氏に「右手で打ったほうが、もう少し打球が上がるよ」と言われて意識を変えた。左手主導では打つポイントが前になりやすい一方、右手でリードするとボールを長く見られるように感じた。以前はライナー性の打球が多かったが、放物線の当たりが増えるようになった。

 しかし、3年になると極度の不振に陥る。開幕戦で内角攻めに遭い、自分を見失ったのだ。

「インコース、インコースと来られたら、体が開くじゃないですか。内ばかり気にして、外が遠くに見えるようになって。ボールだと思ったのも、余裕で入っている。それで外を意識すると、内に対応できない。ごちゃごちゃになっていました」

 春の全日本大学選手権では本塁打こそ放ったものの、チームを勝利に導くことはできなかった。秋になると6番に下がり、「チャンスで回ってこないでくれ」と思うほど不安に苛まれた。

 出口が見えないスランプに迷い込んだまま、いよいよ最終学年へ。入学時からプロ入りを志望してきた渡部は今年3月、最終面談で齋藤監督に意思を伝えた。

「社会人はお断りして、プロ一本で行かせてください」

 名門企業を中心に10社ほどオファーをもらっていたが、退路を断った。再び指名漏れした際の保険はつくらず、強い覚悟を固めた。

 直後、新型コロナウイルスの感染拡大で春季リーグが中止に。当初はアピール機会の喪失に不安を感じたが、すぐに頭を切り替えた。自分と向き合うには、これ以上ないチャンスだ。

 高校時代、渡部は家庭の事情で横浜商大高から日本ウェルネスに転校している。日本高校野球連盟の規則で1年間公式戦に出られなかったが、「自分を見つめ直し、技術をレベルアップできる期間」と前向きに捉えた。

 そして昨年、コロナ禍の自粛期間は課題克服にあてた。3年時の春と秋で、自分がやるべきことはわかっている。実家から歩いて数分の公園に行き、プロ志望の友人と一緒にランニング、キャッチボール、ティー打撃に打ち込んだ。

 どうすれば、長いスランプから脱出できるか。甲川氏から参考として勧められたのが、大田泰示(日本ハム)の左足の使い方だった。

「真上に上げて、真下に降ろすだけ。足を上げる目的はタイミングをとることです。左足が前に振れると、全体的に前への動きが大きくなり、ポイントが体に近くなります。それをなくすために、その場で回るという感じです。甲川さんから『おまえは全力で振らなくても飛ぶんだから』と言われて、中村剛也選手(西武)の力感のないスイングを見た時"これだな"と。その2つを自分のなかでうまくマッチングさせて、ああいう結果が出ました」

 約3カ月の自粛期間と夏の全体練習を経て、迎えた4年秋のリーグ戦では10試合で8本塁打。横浜市長杯争奪関東地区大学野球選手権では横浜スタジアムの上段にホームランを突き刺し、周囲の度肝を抜いた。

 高校時代の指名漏れから4年が経ち、ドラフト1位の評価を受けるまでに成長した。大学時代の紆余曲折を経て、最大の武器である打撃はいい方向にきている。

「心がけているのは80%のスイングです。そのほうが確率も上がって、勝手に飛ぶので。逆にヘッドも走りますしね。一番大事にしているのは、何も考えないことです。練習したとおりにスイングすれば、"行けるっしょ"という感じなので。あとはキレを出すために、試合前に必ず短距離ダッシュを入れていました。秋に打てたのはそのおかげもあると思います。トータルで言えば、バッティングで大事にしているのは"準備"です」

 自慢の巨躯は大学入学時から2キロ増え、112キロに。ドラフト1位の指名を受けた後、「食って(自動車)教習所、食って教習所」という1カ月を過ごし、117キロまで増えた。さすがにヤバイと減量も考えたが、竹下潤育成アマチュアスカウトと潮崎哲也編成グループディレクターから真逆の言葉をかけられたという。

「痩せなくていいでしょ。その体で動けているし、それがおまえの魅力なんだから。痩せようと思うんだったら、シーズン中に勝手に痩せる。今、無理して痩せる必要はないよ」

 巨体から生み出すパワー、ラティーノのようにどっしり構えたメンタリティ、そして自身との対話能力を掛け合わせ、今後どんな選手を目指していくのか。

「誰からも応援され、子どもたちに夢を与えられる選手になりたいです。そこを目指すには、それだけの結果を残さないといけない。だからこそ、子どもたちも憧れてくれると思います。自分は子どもの頃からプロ野球選手のホームランを見て、カッコいいと憧れてきました。夢を与えてもらってきたので、今度は逆の立場になり、そういう選手になりたいと思います」

 大卒だが、必ずしも即戦力という評価ではない。そうした現在地でありながら、ドラフト1位で指名されるほどのポテンシャルを備えている。中村剛也、山川穂高という大砲を開花させてきた西武は、少なくともそう判断した。

 数年後、まぶしいスポットライトを浴びる一軍に定着した時、規格外の魅力を誇る渡部は目標の選手像に近づいているはずだ。

著者:中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke