「サーブがよかったですね。そこがオーストラリアン・オープンの時との一番の違い。サーブでフリーポイントが取れたので、ストロークのリズムもよくなったと思います」

 錦織圭の完全復帰への大きな一歩は、この言葉とともに始まっていた。


新たなサーブフォームに手応えを感じる錦織圭

 2019年のひじの手術、そして、新型コロナ感染からの復帰後に襲われた肩の痛み......。約1年半に及ぶケガや試合勘の欠如に悩まされ、それでも「感覚が戻る日はいつか来る」と言い続けてきたその時は、3月上旬、無観客のロッテルダムで訪れた。

 対戦相手は、世界19位のフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)。

 20歳の若さとパワーを誇示するかのようにボールを強打する新鋭を、錦織は時に正面から力で打ち合い、時に技で揺さぶり、突き放した。錦織のなかに点在していたパーツが突如として噛み合い、精緻に機能しはじめたかのような勝利を手にする。

 その主柱となったのが、「サーブ」だった。

 サーブは、錦織の最大の課題とされ続けてきたパーツだろう。2度の手術を強いられた右ひじのケガ、さらには昨年終盤のツアー離脱の原因となった肩の炎症も、サーブが原因とも見られていた。

 それらケガの抜本的解決、そして「よりパワーを生むため」にも、錦織は新たなサーブフォームに取り組んだ。それが昨年末のことである。

 可視的にわかりやすいのは、打つ時に肩幅ほど広げたままだった両足を、今はインパクト時に右足を軸足の左足に引き寄せている点だ。コーチのマックス・ミルヌイとマイケル・チャン、そして日本のナショナル・チームのコーチらとも相談しながら、方向性を定めたという。

「自分ではわからなかったけれど、コーチは『サーブが肩の痛みの原因だ』と言った。僕のケガの履歴からしても、時間と機会がある時に改善していかなくてはと思ったので、迷いはなかった」

 変更に踏み切った理由を、本人はそう説明した。

 実は、錦織のサーブを『サービスエース数』や『ファーストサーブの確率』だけで見るならば、これまでと比べ、さほど変化があるわけではない。

 ただ、注目すべきは、サーブのよし悪しを総合的に評価する『サーブレーティング』だ。

 サーブレーティングとは、ファーストサーブの確率と、ファーストおよびセカンドサーブでのポイント獲得率、サービスゲーム獲得率、そしてエース数およびダブルフォルト数の6要素から算出した数値。

「いいサーブ」の指標となるのは、270〜300あたりだろうか。なお、サーブレーティングのキャリア通算ランキングを見ると、1位がジョン・イスナー(アメリカ)の311.7。錦織は266.1である。

 では、最近の錦織のサーブレーティングはどうか?

 結果論的なところもあるが、今季初勝利のオジェアリアシム戦以降の平均数値は10試合で268.8。最も高かったのはドバイ大会のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)戦の314で、錦織本人も「第1セットは、ほぼ完ぺきだった」と自画自賛する出来だった。

 コーチ陣からのチェックの目が最も厳しく注がれているのも、サーブのようだ。ツアーに帯同するミルヌイが、離れた地からモニター越しに慧眼を光らせるチャンと相談し、共通見解を錦織に伝えているという。

 多少の上下変動はありながらも、全体としてはサーブの好調を維持できた背景には、このようなチームとしての取り組みがあった。ただ、着実な改善を見せるサーブだが、これも錦織が掲げる理想像の実現に必要な、ピースのひとつに過ぎない。

 昨年9月の復帰以降、錦織はネットプレーを多く取り入れ、より攻撃的なテニスを標榜してきた。勇気あるトライ&エラーや、意思ある逡巡を繰り返しながら、前進している実感を掴んでいるのだろう。

「もうちょっとかな、と思います。前に出るチャンスはたくさんあったのに、まだ足が動いてなかったり、自然にできてないので、そこはコーチとも相談しています」

 目指す地点を踏まえたうえで、彼は現在地をそう捉えている。

「以前の自分のレベルに戻れると感じているか?」

 ドバイ大会での会見時のこと。英国のベテラン記者に問われた錦織は、「戻るという考え方はしたくない。今は、これは『新しい旅』だと考えているから」と即答した。

 山頂を目指しつつ、たどるルートも、そして彼自身も、以前と同じではありえない。

 昨年9月、ツアーに復帰した錦織は、コロナ禍のため季節はずれに訪れたクレーコートシーズンで、新たな道を模索していた。

◆錦織圭は輝きを取り戻せるか。似た境遇の同世代ライバルに聞いた>>

 それから、8カ月。錦織は4月19日から行なわれるバルセロナ・オープンでクレーコートシーズンをスタートさせる。

 再び訪れるヨーロッパの赤土の上に、進化したサーブを携えた錦織はどんな足跡を刻むのか? 見る者たちにとっても、それは新たな旅の楽しみになる。

著者:内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki