連載『なんで私がプロ野球選手に⁉』
第4回 嘉弥真新也・後編

前編はこちら>>

 異色の経歴を辿った野球人にスポットを当てる新シリーズ「なんで、私がプロ野球選手に!?」。第4回後編は、体重56キロの平凡な高校球児から球界を代表する左キラーに成り上がった嘉弥真新也(ソフトバンク)の、企業チーム挑戦以降の顛末を紹介する。


2011年のドラフトでソフトバンクから5位で指名された嘉弥真新也(写真左上)

 宮里伊吹木(いぶき)は今も、11年前に嘉弥真が放った言葉が忘れられない。

「もう野球やるつもりはないんだよな。一緒に行かんと、俺ひとりなら行かんよ」

 企業チームの名門・JX−ENEOS(現・ENEOS)からの練習参加の誘いを受けたにもかかわらず、嘉弥真の幼稚な言動に宮里は驚いた。

「自分から進んで何かをやるタイプじゃないことはわかっていたけど、まさかここまでとは......」

 ビッグ開発ベースボールクラブ監督の下地剛が、JX−ENEOSサイドに「宮里も練習参加をお願いできませんか?」と頼んでくれたため、宮里も嘉弥真についていくことになった。

 8月の暑い太陽が照りつける練習場。一世一代のアピールの舞台にもかかわらず、嘉弥真はウォーミングアップの時点で「すみません、気持ち悪いです」とダウンしている。

 嘉弥真は当時を苦笑交じりに振り返る。

「アップの段階で暑くて、きつくて......。あとは気疲れですね」

 一方、JX−ENEOSはなぜ嘉弥真に声をかけたのか。監督の大久保秀昭に聞くと、「前段があるんです」と当時の事情を明かしてくれた。

「嘉弥真の前に、大城(基志)という投手がいました。大城が名桜大にいた時、沖縄でキャンプを張る亜細亜大の生田(勉)監督から『面白いピッチャーがいるよ』と教えてもらったんです。実際によくてウチに入社したのですが、大城は2年でプロに行く可能性があった。そこで『二匹目のドジョウ』を探していたところ、また生田監督から『ビッグ開発に面白いピッチャーがいるよ』と教えてもらったんです」

 ビッグ開発は監督の下地が「より高いレベルで野球をしたいなら、ウチの環境を利用して力をつけて、スカウトの目に留まりなさい」と選手に伝えている。企業チームへの移籍はウエルカムだった。

 練習参加から1時間と経たずに体調不良を訴えた嘉弥真だったが、その後なんとかブルペン投球にこぎ着けた。そこで大久保は嘉弥真の腕の振りに目を見張った。

「体はヒョロヒョロだけど、リリースの強さがありました。真っすぐにキレがあるし、スライダーは手元でグッと曲がる。当時の投手コーチで、同じ左ピッチャーの高橋憲幸(元日本ハム)に聞いたら『獲りましょうよ!』と後押しがありました」

 嘉弥真はJX−ENEOSへの採用が決まった。残念ながら不採用となった宮里は、「あんな強豪に行って大丈夫かな?」と嘉弥真の身を案じた。当然、本人も強い不安に襲われていた。

「伊吹木とセットで行きたかったので、ひとりで行くと決まった時は『マジか......』と思いました。野球で初めて関東に出ることになったので、勇気がいりましたね」

 待遇は正社員ではなく、2年区切りの契約社員。チームでひとりだけ野球部寮に入れなかったが、不満はなかった。むしろ「ひとりで住むほうが気楽でいいな」とアパート生活を謳歌した。武蔵小杉から渋谷に向かおうとして、電車で15分程度のところを2時間半かけることもあったが、徐々に都会での生活になじんでいった。

 チームメイトには同じ沖縄出身の大城がおり、精神的にも技術的にも救われた。嘉弥真は大城への感謝を口にする。

「大城さんにはいろいろと教えてもらいました。コントロールがいいし、しっかりとピッチングができる。こういう人がプロに行くんだろうなと思っていました」

 だが、嘉弥真の社会人生活は思わぬ方向へと転がっていく。2011年3月11日。神宮球場でJABAスポニチ大会決勝を戦う予定だったJX−ENEOSは、試合開始直前に突然の大きな揺れに襲われた。東日本大震災が発生したのだ。

 震災の影響で多くの公式戦が中止になり、8月開幕予定だった都市対抗は秋に大阪で開催された。プロ志望の選手にとって、アピールの場が少ない年だった。

 都市対抗を控えた9月14日、秋季神奈川県企業大会の東芝戦で、嘉弥真は先発投手に抜擢される。県内の強力なライバルを相手に、1安打完封と快投。その試合を見たソフトバンクスカウト(当時)の田口昌徳が、嘉弥真を高く評価したのだった。

 ドラフト会議2日前の10月25日に、JX−ENEOSは都市対抗初戦・王子製紙(現・王子)戦を迎えた。エース・大城が不調で4回途中に降板し、嘉弥真は2番手で登板。だが、勢いを止められずJX−ENEOSは初戦敗退に終わる。大舞台でアピールはできなかったものの、嘉弥真の記憶によると9球団からの調査書に記入したという。

 10月27日のドラフト会議当日、嘉弥真はソフトバンクから5位指名を受ける。最初に抱いた感想は「なんで?」だった。

「なんで僕が指名されて、大城さんは呼ばれないんだ?」

 有力候補だった大城は、指名漏れの憂き目に遭っていた。なぜ、大城がドラフトから漏れ、嘉弥真が指名されたのか。監督の大久保はこんな見方をしている。

「プロ側も左投手の需要は大きいのですが、大城の場合は大卒2年目ということもあって、あれ以上の伸びしろを見てもらえなかったのかもしれません。嘉弥真は高卒4年目と若く、少し変則的なフォームとコントロールがまとまっている点を評価してもらえたのかなと感じます」

 その後、大城はJX−ENEOSのエースとして社会人野球の歴史に名を残す存在になった。翌2012年の都市対抗と日本選手権、2013年の都市対抗と3季連続MVPに輝き、JX−ENEOSの黄金時代に大きく貢献した。大久保は「プロとはタイミングが合わなかったけど、彼が残ってくれたことですばらしい恩恵をもたらしてくれた」と大城の功績を称える。

 そして嘉弥真は、今季プロに入ってから10年目のシーズンを戦っている。2017年に58試合に登板して以来、嘉弥真は毎年安定したリリーバーとして、最強ソフトバンク投手陣を支えている。

 なぜ、自分がプロで生き残れていると思うか──。そう尋ねると、嘉弥真は少し思案してからこう答えた。

「サイドスローになったのが大きかったのかなと思います。プロに入って4、5年目は苦しかったので......。(当時ソフトバンクの投手コーチだった)佐藤義則さんに『サイドにしたら?』と言ってもらえて、一からやってみようと取り組んで、今の自分があります」

 ビッグ開発の嘉弥真、JX−ENEOSの嘉弥真とは、すっかり別の姿になった。また、今はもう"宜野座カーブ"も"嘉弥真ボール"も投げていない。投球の半分以上を占めるのは、本人が「極めていきたい」と語るスライダーだ。

 その一方で、嘉弥真が巣立った沖縄では、今も彼を知る人々がそれぞれの日常を生きている。

 ビッグ開発監督の下地は、今も嘉弥真の活躍を祈り続けている。

「創部メンバーで合宿をした時、とにかく嘉弥真の食が細くて、つきっきりで朝食を食べさせたんです。当時の写真と今の写真を見比べたら、同じ人間とは思えませんからね。体は大きくなって、風格も出てきた。高い年俸をもらって、大事な試合で投げている。ソフトバンクの嘉弥真と泣きながらご飯を食べていた嘉弥真のギャップが、今も埋められないんです」

 そして、下地はしみじみとこう語るのだった。

「『若い選手の可能性を指導者が簡単に判断するものじゃない』と教えられた選手ですね」

 ビッグ開発時代に女房役だった宮里は、今も現役生活を続けている。実力が認められ、沖縄電力に転籍したのだ。

「いつもテレビをつければ『出てるかな?』と気になりますし、同い年として野球を続けるモチベーションになっています。今も家族ぐるみで付き合いがありますけど、考え方はだいぶ変わって、プロ野球選手らしくなったと思います」

 下地の「宮里伊吹木がいなければ、嘉弥真はプロ野球選手になれなかった」という言葉を伝えると、宮里ははにかんでこんな感想を漏らした。

「そう言ってもらえるのはうれしいですね。まぁ、本人からはとくに感謝の言葉もありませんけど......」

 ビッグ開発時代の仲間に対して、嘉弥真はいま何を思うのか。率直に聞いてみた。

「伊吹木は、本当はキャプテンとして忙しかったと思うんです。それなのに、ピッチャーのレベルを上げようと一生懸命に頑張ってくれて。『体が細いから』と言って食トレをさせられたり、雨の日の地面が滑る公園でこけながら走らされたり......。それがあったから、今もこうして野球ができているのかなと」

 そして、嘉弥真は満面の笑みを浮かべてこう続けた。

「本当にどこでも練習していましたから。だから今も、どこでも練習できますよ。だから、こうして活躍できているのは、伊吹木のおかげです」

 街灯を頼りに走った那覇の公園。夜中に貸してもらったブルペン。鬼軍曹を酔い潰そうと酒盛りをした寮の一室。希代の左キラー・嘉弥真新也の魂は、今も沖縄に宿っている。

(おわり/文中敬称略)

著者:菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro