何かが起こるW杯イヤー(2)〜2002年
(1)を読む>>

 2002年日韓共催W杯に臨んだトルシエジャパンは、韓国とともに、開催国の特権で予選を免除されていた。W杯と言えばまず予選。1994年アメリカW杯予選ではドーハの悲劇、1998年フランスW杯ではジョホールバルの勝利という劇的な戦いをたて続けに経験したファンにとって、物足りなさがあったことも確かだった。4年間をどう過ごすべきか。日本サッカー界に突きつけられたテーマでもあった。


1998年から4年間、日本代表監督を務めたフィリップ・トルシエ

 前回のフランスW杯アジア最終予選の最中には、監督解任劇が起きた。だが、予選がないとなると、解任のタイミングを見いだすことは難しい。こう言ってはなんだが、監督経験豊富とは言えないフィリップ・トルシエにとって、日本代表監督は"おいしい仕事"となった。実際、解任論が高まりを見せたことはなかった。しかし、あれからおよそ20年が経過し、ファンの目が肥えた現在ならどうだろうか。トルシエは4年間、職務を全うできただろうか。

 振り返れば、危うい場面は存在した。本大会までおよそ1年2カ月後に迫った2001年3月24日。スタッド・ドゥ・フランスでフランスと対戦したトルシエジャパンは、0−5のスコアで大敗した。ラグビーならば100点差負けのようなものだ。

 5点目が生まれたのは後半23分。するとその直後、右のタッチライン際でボールを受け、ドリブルを開始しようと前かがみになったロベール・ピレスに、背後のベンチからに声が飛んだ。「やめておけ」だったに違いない。ピレスは身体を反らせながら後方にボールを戻した。

 後半なかば、早くもフランスは手を抜いた。もし日本の代表監督がフランス人でなければ、遠慮せず6点目、7点目を奪おうと、日本の息の根を止めにかかってきたかもしれない。トルシエはラッキーだった。日本のファンも、大敗に落胆したと言うより、フランスの強さに舌を巻いたという感じだった。

 予断を許さない状況は続いた。ちょうどその1カ月後、スペインとのアウェー戦が待ち受けていたからだ。2001年4月25日。場所はコルドバだった。

【ウイングバックに中盤の選手を起用】

 トルシエが使用してきたフラット3、4分割表記にすると3−4−1−2は、両サイドにサイドアタッカーが各1人しかいない布陣だ。4−2−3−1で臨んできたフランスのようなチームと対戦すると、サイドアタッカーの背後は狙い目になる。しかもトルシエはそこに、望月重良、伊東輝悦、明神智和、小野伸二、中村俊輔など、中盤系の選手を起用する傾向があった。

 実際、フランス戦では中村が務めた左ウイングバックの背後は、まさに相手の狙い目になっていた。けっして守備力が高いとは言えない中村の背後を突かれれば、傷口は深くなる。大敗の大きな要因はそこにあった。中村が守備をサボったとか、個人的な問題ではないことは、布陣の相性を見れば簡単にわかることだ。ところがトルシエは、中村を2002年日韓共催W杯の最終メンバーから外してしまった。非情とはこのことを指す。

 フランスに続いてスペイン相手にも大敗すれば、さすがにマズい。クビが飛ぶかもしれないとトルシエは考えたのかもしれない。5バックになりやすいその3バックを、トルシエは最初から5バックにして戦った。フラット3ならぬ、フラット5の練習を、試合前から守備陣はしきりに取り組んでいた。

 結果は0−1。終了間際に点を奪われる、形の上では惜敗だった。前戦(0−5)と比較すれば、善戦したようにも見える。トルシエの試合後の表情にも余裕があった。会見でこう述べたのだった。「守備はオッケー。あとは攻撃的精神を持って臨めば......」。開いた口が塞がらないとはこのことだった。最終ラインを5人で固め、さらに守備的MFを3人置けば、いくら攻撃的精神を持って臨んでも、得点はまずできない。

 なじみのスペイン人記者からは「日本は、はるばるコルドバまで守備の練習をしにやってきたのか?」と皮肉を言われる始末。守り倒すような試合をしておきながら、トルシエはよくぞ、「あとは攻撃的精神を持って臨めば......」などと言えたものだと、煮えたぎる怒りを押し殺した記憶はいまなお鮮明だ。

 ただし、日本のメディアも同罪だった。新聞などには「守備は改善した。あとは攻撃だけだ」との見出しが踊った。解任論が高まるどころか、つい1カ月前、フランスに喫した0−5の大敗はすっかり過去のものとなった。日本人は総じてトルシエの術中にはまることになった。

【「トルシエの年俸はいくら?」とヒディンク】

 トルシエには、ピンチを迎えているとの自覚はあったようだ。コルドバから帰国して開かれた記者会見で、自分のサッカーを正当化する言葉を並べ、半分虚勢を張る姿に、それは現れていた。

 翌2001年の5月30日、コンフェデレーションズ杯が開幕。日韓共催W杯のプレ大会というべきこの大会で、トルシエジャパンは準優勝という成果を収めた。トルシエは完全にピンチを抜けだしていた。

 一方の共催国の韓国はグループリーグ落ち。共催国に遅れを取りたくない気持ちが、韓国は日本の何倍も高かった。韓国のメディアは「代表監督解任だ」と騒いだ。

 筆者はさっそく、その代表監督に話を聞こうと韓国を訪れた。フース・ヒディンクは余裕綽々(しゃくしゃく)というか、自信満々というか、泰然自若とした構えで、深々とソファに座り、こちらを迎えてくれた。

 ヒディンクが就任したのは2001年の初頭。韓国代表監督としての契約期間はW杯本番終了時までの1年半で、コンフェデ杯は就任して半年後のイベントだった。彼は1年半のスケジュールをこちらに見せ、こう述べた。

「任期の半分までは、負け続ける設定にしてある。8月(2001年)あたりから浮上してくるはずなので、そのつもりで見ていてください」

 実際、2002年になって本大会が近づくにつれ、韓国の右肩上がりが急になった。

 実はヒディンクにはその前の年の秋にもインタビューしていて、その時、「トルシエが日本協会とどれほどの年俸で契約しているか」と尋ねられた経緯があった。「たぶん1億円強ではないですか」と答えたその翌日、現地の新聞を見て驚いた。そこにヒディンクの韓国代表監督内定のニュースが掲載されたからだ。

 本大会には、トルシエもヒディンクも3バックで臨んだ。ヒディンクはコンフェデ杯では4−3−3、4−2−3−1を採用していたが、本番が近づくとオランダ伝統の3バック(3−4−3)に切り替えた。4分割表記にすると3−3−3−1だ。対するトルシエは3−4−1−2。攻撃的な3バック対守備的な3バックという構図になっていた。

 トルシエに話を聞くと、好きなサッカーはバルセロナで、攻撃的サッカーを好むと言う。それがウイングバックにゲームメーカー的な選手を置く理由だと答えた。しかし、W杯本大会で攻撃的サッカーを開花させたのは、案の定、ヒディンク率いる韓国だった。

 トルシエジャパンのサッカーはどこをどう見ても守備的だった。その差に日本のメディアは気付づけずにいた。それぞれの3バックを「3バック」のひと言でくくっていた。スポーツ新聞が布陣図を掲載するようになったのはこの頃からだが、ヒディンク式3バックをキチンと描いていた図を、見たことはなかった。

 いまなお日本で3バックと言えば守備的なものと相場は決まっている。そうではない攻撃的な3バックがあることを知る人は、思いのほか少ない。20年前のトルシエの影響は、そうした意味で大きかった。

 宮城スタジアムで行なわれたW杯決勝トーナメント1回戦。日本がトルコに0−1で敗れた試合は、コルドバで行なわれたスペイン戦を彷彿させた。「守備はオッケー。あとは攻撃的精神を持って臨めば......」。日本は永遠に解決しない問題に最後まで向き合うことになった。
(つづく)

著者:杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki