川口知哉インタビュー 後編

前編:「川口知哉が明かす高校時代のビッグマウス発言の真相」はこちら>>

 1997年、平安(現・龍谷大平安)のエースとして夏の甲子園準優勝を果たし、その年のドラフトで4球団競合の末に意中のオリックスへ入団した川口知哉。誰もが前途洋々の未来を想像したが、プロの世界は苦難の連続だった。一軍の通算成績は7年間でわずか9試合、12イニング。0勝1敗、防御率3.75。大半を過ごしたファームでも1試合15四球、7連続四球、シーズン14暴投......苦悩が伝わる"記録"を多く残した。引退後、しばらくは家業を継ぎ、その後、女子プロ野球の指導を10年あまり続け、今春から母校のコーチに就任した。将来を嘱望されたドラ1左腕はなぜプロの世界で羽ばたけなかったのか。川口知哉が振り返る。


オリックスにドラフト1位で入団した川口知哉だったが...

完全にイップスでした

── 一軍の通算成績は、9試合、12イニングに登板して、0勝1敗、防御率3.75。プロですごした7年間は、どのような形で頭に残っていますか。

「面白くなかったですね。高校時代はひたすら走って、とにかく体がしんどかったですけど、プロではメンタルがしんどくて。何もできないシーズンが続いて、入団から4年目くらいまでは悩みっぱなし。期待されながらそれに応えられない......ほんとにしんどかったです」

── 1年目からフォームを崩し、故障も出て、ストライクが入らなくなり、普通に投げられない......。高校時代の面影はどこにもありませんでした。

「完全にイップスでしたね。どの年もキャンプで1年が終わった感じで、あとは何も働いていない。だから、4年目までのシーズン中の記憶はほとんどないんです」

── キャンプでは一軍スタートも、紅白戦あたりで崩れるという繰り返し。3年目の紅白戦では1イニング64球を投げて話題になったこともありました。

「そういう状態が続いて『もう辞めたい』と思うこともありました。ただ、その頃は年数が浅かったので、まだなんとかなると信じてやっていたのですが」

── 振り返れば、1年目のフォーム修正、ここで形が崩れたことがすべてだったのではないかなと......。

「スタートしたところで、自分の持ち味がひとつ消えたというのはありましたね。左足を(深く)折らないことで体を沈めて上がってくるまでの時間がなくなって、左腕を回して上げてくるタイミングがずれた。それを無理して間に合わせようとしたら、今度はヒジと肩に負担がきて。投げ方がどんどんわからなくなって、ストライクも入らない、故障もする......悪循環でした」

── 1年目のオープン戦で、前年日本一のヤクルト相手に先発し、2回無失点。古田敦也さんから空振り三振を奪い、野村克也監督(当時)も称賛のコメントを口にしていました。あの試合では、高校時代のように左ひざを深く折って投げていました。そういう投げ分けをしていては、なかなかいい状態が続かない?

「ひざを折る、折らないというのも、いま知識が増えたなかでは深く折ってもいい投げ方というのがあると思います。簡単に言うと、軸足の力が抜けた状態で深く折ると腰が落ちて、前(打者方向)へ力が伝わりにくいというのはあると思います。僕の場合は、軸足にしっかり力を入れた状態で沈んで、そこから投げにいっていました。だから、強いボールを投げることができていたんです」

引退を決めた本当の理由

── 高校時代にあれだけ自信満々に投げていた投手が、投球練習からストライクが入らない。並の投手ならメンタルが破綻していたのでは、と思うこともしばしばありました。

「マウンドに上がるのが怖いというのはしょっちゅうありました。ブルペンでもストライクが入らないのに、試合で抑えられるわけがないと。たとえば、1年間ボールをまったく投げないとか、それくらいのことをして感覚を一度消したらどうなるのかと考えたことはありました。でも、実際にやるとなると難しいですからね」

── プロ7年間のなかで、最も光が見えたのが5年目。シーズン中に腕をスリークォーターよりやや下に下げたらストライクがとれるようになった。テイクバックの硬さも消え、初めてスムーズに腕が振れるようになった。

「ピッチングコーチの酒井(勉)さんがきっかけをくれたんです。短い距離のゴロノックを受けながら、軽く横から返球していたらスムーズに投げられて、それを見た酒井さんが『それがいい』と。そこからフォームをつくっていったら、普通に投げられるようになったんです」

── シーズン終盤には一軍で初先発。翌年は戦力になれる感じがありました。

「その6年目はオープン戦でもリリーフで結構投げて、たしか1点とられた以外は抑えたんです。でも、最終的に開幕一軍には残れず。だんだん調子が落ちていったのもありましたね。それからもう1年やって、終わりました」

── トライアウトにも参加しましたが、「もう少しやれれば......」という思いはありましたか。

「ありましたけど、5年目を過ぎたあたりから周りの期待感が薄れていくのを感じていて、最後はこのへんまでかなと。ただ、プロでは結果は残せませんでしたが、最後の2年半、普通に投げられるようになって終われたのが自分のなかでは大きかった。崩れたまま終わっていたら、人に教えることなんかできなかったと思います」

指導者として感じたこと

── 引退後の話も聞かせてください。

「プロを辞めた時は『野球はもういい』という気持ちでした。そこから親父の仕事を5年ほど手伝って、その時に中学生のクラブチームで教える機会がありました。そのあと30歳を超えてから女子プロ野球に関わらせてもらって、監督、コーチなどで約11年やりました」

── 人に教えるなかで、心境の変化や新たな発見はありましたか。

「いろいろ見えてくることがありましたし、気づかされることも多々ありました。僕にははまらなかったことでも、いろんな人の教えが残っていて、俺って結構引き出し持ってるなと(笑)。そこで初めてプロでの7年間も無駄じゃなかったと思えましたし、そこから教えることがどんどん面白くなっていきましたね」

── どん底を味わった経験が、指導者となって大きな強みになったと。

「僕以上に失敗した経験を持っている人はそういないと思いますし、うまくいかない選手の気持ちを誰よりもわかりますから」

── この春からは母校のコーチとして高校生を指導していますが、心がけていることはありますか。

「とにかく選手をよく見る、観察することですね。ピッチャーにしても、フォームだけじゃなく、性格や練習に取り組む姿勢など......しっかり見て、何をどのように、いつ伝えるか。フォームに欠点があったとしても、『ここが悪い』と言うだけなら本人もわかっています。でも選手が知りたいのは、それを治すにはどうしたらいいのかという答えです。それができないなら、指導者は欠点だけを言うべきじゃない。そうしないと、どんどん投げられなくなって、よさも消えていきますから」


母校を夏の甲子園優勝に導きたいと語る川口知哉

── まさに経験が生かされていますね。

「アドバイスするタイミングも大事です。選手って、僕もそうでしたけど調子のいい時はいろいろ言われても聞かないことが多い。逆に、状態が落ちてきた時はアドバイスを待っているところもある。タイミングがくるまでは黙って見て、待っている感じです。気づいたら言いたくなりますけど、修正できる答えがなければ言わない。だから、簡単にモノは言えないですね」

── それだけ指導者のひと言は重いと。

「あとピッチャーには『なんであの場面でそのボールを投げたの?』『どうやってあのバッターを抑えようと考えていたの?』というのは常に聞きます。たまたま抑えた、たまたま打たれたでは積み上がっていかない。プロセスが大事で、そこを自分の言葉で話してもらって、頭に刻ませます。そしてその次は、目標設定が大切になる。自分がどうなりたいのか、先のビジョンが明確になったら取り組みが変わる。3年夏にこうなるためには、今この練習をやっておかないと......など、逆算できるようになる」

── 1年夏の大会で見た斉藤和巳さんのストレートに追いつくためにと、一切妥協しなくなったという話に通じるところがあります。

「久しぶりに高校生を見ていると、幼いなと感じることがよくあります。個々の能力は上がって、ピッチャーの球速も佐々木朗希投手のように高校時代に163キロを投げる投手が出てくる時代。160キロはともかく、145キロなら多くの投手が投げます。僕の高校時代の最速は143キロですから。ただ能力は上がっているけど、そこへ頭の部分がまだ追いついていない感じがします」

川口知哉が掲げる究極の目標

── そうしたなか、高校野球の指導も難しい時代に入っています。勝利至上主義といった言葉も最近はよく耳にします。甲子園を求めることが、ともすれば"悪"といった論調につながることもあります。

「いろんな考えがあっていいと思います。ただ、やりきった者、甲子園を目指してそこにたどり着いた者にしかわからないこと、味わえないことがあるのもたしか。つかみとった結果に自信も生まれるし、それによってその後の人生が拓けることもある。僕もプロではうまくいかなかったですけど、平安で甲子園、全国制覇を目指してやりきった3年間があったから、その後の人生を踏ん張れたというのはあります」

── 時代が変わっていくなかで、球児にとって何が大事だと思いますか。

「覚悟だと思います。なんのためにここに来たのか、(背番号)1番が欲しいのか、甲子園に行きたいのか、プロでやりたいのか。ならば何をすべきか、という話です。そこまでしなくてもいい、もっと楽しい雰囲気でやりたいというのなら、それに合うチームに行けばいい。ウチの選手のなかにも『プロに行きたい』と言う選手がいるんですけど、『じゃあ、それなりのことはやってあげるけど文句は言うなよ』と(笑)」

── 地獄の練習ですか(笑)?

「僕らの頃のようなことをやったら、みんなすぐ(練習に)来なくなるでしょう。ただ、甲子園でもプロでも、そこを本気で目指すからそれなりのことをやらないといけない。僕は高校時代、限界を超えた時に強くなる、限界の先に成長があると思ってやっていました。毎日限界の手前で終わっていたら、昨日の自分を超えられない」

── ここからはコーチとして、選手をその気にさせることも仕事になります。

「選手が上を目指していくなかで、誰と出会うか、いつ出会うか、というのは大きいこと。指導者で選手は変わりますから。選手にとってすごい人と信頼できる人は違うと思いますし、選手にとってプラスのアドバイスができる、信頼できる指導者になっていきたいなと思っています」

── 川口知哉の母校復帰に期待の目も集まっています。

「ここから僕も試されていくと思いますし、やるからにはもちろん甲子園に出て当たり前と言われるチームをつくって、しっかり結果を出せるように力になっていきたい。そして、僕らが届かなかった夏の日本一、もっと個人的な思いを言えば、25年前の決勝で敗れた智辯和歌山に勝っての日本一。これが今の究極の目標です」

おわり

プロフィール
川口知哉(かわぐち・ともや)/1979年8月25日、京都府生まれ。97年、平安高校(現在・龍谷大平安)のエースとして春夏連続甲子園出場を果たし、夏は準優勝に輝く。同年秋のドラフトで4球団競合の末、オリックスに入団。プロ入り後は制球難に苦しみ、7年間で通算9試合の登板、0勝1敗、防御率3.75に終わり、2004年オフに戦力外通告を受ける。引退後は家業を継ぎ、10年からは女子プロ野球の指導として活動。今春から母校のコーチに就任した。

著者:谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro