2年連続でのドラフト指名漏れを経て、臨んでいる今季。率直な心境を聞くと、長尾光はポツリとこう漏らした。

「3度目の正直......ですね」

 今年8月で20歳を迎える長尾は、BCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズに所属する本格派右腕だ。身長180センチ、体重81キロの均整の取れた体躯で、最速149キロの快速球と落差の大きなフォークを武器にする。


ドラフト候補に挙がる埼玉武蔵ヒートベアーズの本格派右腕・長尾光

高校時代は独自大会優勝に貢献

 ノースアジア大明桜高(秋田)に在学した2020年は、NPB2球団から調査書が届いたものの指名なし。1年でも早くNPBに進むため埼玉武蔵ヒートベアーズに入団した昨季は、3球団の調査書に記入したがまたも吉報は届かなかった。

 高校の1学年後輩である風間球打はドラフト1位指名を受け、ソフトバンクに入団している。対照的に長尾は2年連続の指名漏れ。華々しくスポットライトを浴びる後輩を尻目に、さぞ屈辱を噛み締めたのではないか。そう聞くと、長尾はあっけらかんとこう答えた。

「そういうの、なんとも思わないんですよね」

 断っておくが、風間との仲はよかったという。それでも、周りから比べられようが、人は人で自分は自分。長尾にはそんな投手らしいメンタリティが備わっている。

 コロナに甲子園を奪われた世代だった。パンデミックの影響で夏の甲子園が中止になるなか、ノースアジア大明桜は秋田県の独自大会で優勝に貢献。甲子園で満天下に実力をアピールしてドラフト指名を勝ちとる選手も珍しくないだけに、「もし甲子園があれば......」と思っても不思議ではない。だが、長尾にそんな湿っぽい感情はなかった。

「あの時の自分の実力では、甲子園があってもいい投球ができた確信はなかったので。ドラフトで指名がなかったのも、仕方ないと受け入れています」

 高校時代の自分を「変化球ピッチャーみたいだった」と振り返る。NPBに進むためにはストレートが弱い。そう考えた長尾は、高校3年時点で最速145キロだったストレートを磨こうと決意する。

由規が高く評価する潜在能力

 背中を押してくれる心強い存在もいた。剛速球を武器にNPB通算32勝を挙げた由規投手兼任コーチ(元ヤクルトほか)だ。由規は長尾と同じ2021年に埼玉武蔵に入団し、今季から投手コーチを兼任している。

 長尾は由規から下半身を使うようアドバイスを受けたという。

「高校までずっと上半身で投げていたのが、由規さんに下半身で投げる使い方を教えてもらって、自分なりにコツをつかんできました。今では全身を使って投げている感覚があって、ボールも強くなってきました」

 現時点での最高球速は149キロだが、さらに伸びる気配がある。今季からリリーフとして起用されるようになり、平均球速も上がってきた。指導する由規も、長尾の潜在能力を高く評価する。

「僕は不器用なタイプでしたけど、彼はイメージどおりに体を動かせる器用なタイプでうらやましいですよ。ポテンシャルは相当高いです」

 その一方で、由規は長尾に対してこんな注文をつけた。

「器用な分、かわすピッチングになってしまうことがある。変化球でいつでもストライクをとれるのは持ち味なんですけど、『もっと自分の真っすぐに自信を持ちなさい』と伝えています」

 5月7日、上尾市民球場での茨城アストロプラネッツ戦。埼玉武蔵は一時13点の大量ビハインドを負いながらも、打線が猛反撃に転じて13対16と3点差に迫った。追い上げムードの9回表に登板した長尾だったが、2死ランナーなしから死球を与え、続く打者にはライト線を破られる適時二塁打を浴びた。打たれたのはスライダーだった。

「2ストライクと追い込んでからのデッドボールはいらなかったし、もっとストレートで勝負できないと自分の強みが出ないと思います。最近、1イニングを3人ですんなり終わらせられないので、そこは課題ですね」

 チームは13対17で敗れ、大乱戦を落とした。自分のストレートを信じること、1球ごとのムラを抑えること、1イニングを打者3人で仕留めること。課題は山積みだ。だが、独立リーグはそんな未熟な選手に成長の機会を与えてくれる場所なのだ。埼玉武蔵の角晃多監督は言う。

「いいボールを投げることと、相手を抑えることは違います。長尾はまだいいボールを投げる練習をしている段階。今は10球投げてハマるボールが1〜2球しかないかもしれないけど、繰り返し練習することで成長していってくれれば。そうすれば、少しずつ結果が出ていくはずです」

早くこっちへ来いよ

 埼玉武蔵には長尾のほかにも、同じく高卒2年目の太田大和という好左腕もいる。現在はやや壁にぶつかっている感のある太田にしても、繰り返し実戦を経験することで秋には見違えて成長している可能性だってあるのだ。

 長尾は「三度目の正直」に向けて、こんな思いを吐露した。

「もっとストレートの球威、球速を上げるのはもちろんですけど、コントロールが悪ければ意味がないので。両方上げつつ、試合でピシャッとしたピッチングを見せていきたいですね」

 高校時代の2学年先輩の山口航輝(ロッテ)とは、電話でやりとりをするという。

「早くこっちへ来いよ」

 そんな山口の言葉は、長尾に大きな希望をもたらしている。

 由規は最後に、こんな期待を口にした。

「伸びしろはまだまだあるんですから、育成ドラフトなんて言わず上位指名で行くつもりでやってもらわなければ困りますね」

 2度の指名漏れは、飛躍のための糧にするしかない。ドラフト会議までの約5カ月、長尾光はこれからどんな輝きを見せてくれるだろうか。

著者:菊地高弘●文・写真 text &photo by Kikuchi Takahiro