立教大・駅伝監督
上野裕一郎氏インタビュー
前編

 55年ぶりに箱根駅伝に戻ってきた立教大。大学創立150周年記念事業として2024年の箱根駅伝出場を目指すなか、1年早く本戦出場を実現した。2018年に監督に就任した上野裕一郎氏は、指導者として価値を高めたのはもちろん、大学関係者、OBだけではなく、陸上ファンたちの注目を浴び、箱根を盛り上げた。結果的に総合18位に終わったが、監督として経験した箱根は、どのような世界が見えたのだろうか。


立教大は3区でエース格の関口絢太を投入したが区間16位に終わる

──箱根駅伝の予選会から本戦まで、順調だったのでしょうか。

「体調不良者、故障者は一切出なかったですね。多少、調子の波はありましたが主力が使えないことはなかったです。エントリ―した選手にプラス36名がシード権獲得という目標に対して、高い意識を持ってやってくれました」

──区間配置については悩まれましたか。

「1区の林(虎大朗・2年)、2区の國安(広人・1年)、3区の関口(絢太・3年)、9区の中山(凜斗・3年)、10区の安藤(圭佑・2年)は箱根予選会が終わった時点で、話をして準備をさせました。悩んだのは4区、5区、6区、7区です。特に特殊区間の山上りと下りですね。相澤(拓摩・1年)は上りの特性があったんですが、少し上れるぐらいでしたし、下りを想定したトレーニングでは全然、選手が当てはまらなかったんです」

 区間エントリ―では、往路は1年生を中心に、エースの関口を置いたオーダーになった。1年生が3名も往路にエントリ―されていたのは、城西大と立教大の2チームのみだった。大胆な配置には、どういう意図があったのだろうか。

──1区に林選手を置いた意図は何だったのですか。

「林は能力が高いですし、集団について走っていくのが苦手ではない。スローテンポになればラストのスピードもあります。うまくいけば区間10位前後を狙えると思っていました。ただ、逆に20位もあるなという不安もありました。林は、"初"に弱いんです。それを払拭してほしいのもあって一番目立つ1区に置いたんですけど、18位で......。同期の太田(蒼生・青学大)君は、2年連続で快走した(昨年は3区2位、今年は4区2位)じゃないですか。彼と林はともに大牟田高校出身で仲がよく、同じレベルでやってきただけに、今回、差が開いたことで悔しさを感じたと思います。林には、この結果を背負ってこれから頑張ってほしいんです。僕も1年の時、1区19位でブレーキになったのですが、その経験を活かして成長することができたので」

──スタートの出遅れは、どうとらえていましたか。

「僕がブレーキした時の中央大は、力がある選手が多くて、高橋憲昭さんたちが挽回してシード権まで盛り返すことができたんですが、うちにはその力がまだなかった。すべて整ってシード権という感じだったので、スタートでつまずいた時点で、今回の箱根は厳しい戦いになるなという感じでしたね」

──2区からも順位が上がりませんでした。

「2区の國安は、岸本(大紀・青学大)君が1年の時に2区で出したタイムが67分03秒だったので、67分台前半を目指していたんです。でも、1区が出遅れた影響で単独走になってしまって、それでは67分台前半は難しいと思っていました。調子が悪いわけではなかったので、せめて68分台でまとめてほしかったんですけどね(※実際のタイムは69分37秒)」

──3区の関口選手は、エース格でしたが、まさかの区間16位でした。

「ゲームチェンジャーで期待していたのですが、全然走れなかったですね。ふだんのレースは自分でいろいろ考えて走るんですけど、この時は僕が『前半10キロが勝負だから行け』って伝えたんです。それで行かないといけないと思い、行ったら動かなくなって、粘ったけどこのタイム(64分1秒)だったのかなと」

──1万m、28分29秒の持ちタイムは駒澤大の1区2位の円(健介・4年)選手と同じレベルです。

「本当は1区でもよかったんですけど、関口自身が先輩の斎藤(俊輔・22年卒・関東学生連合として出場)の姿を見ていて、3区を走りたいと言ってきたので、走りたいところで走らせたんです。シーズンを通して調子がよすぎたので心配はしていたのですが、少し落ち気味のところで箱根に当たってしまったのかなぁという感じですね。それでも62分台前半で行ってくれると思ったんですが、読みが甘かったです」

──5区については、どう見ていましたか。

「区間20位は、やってくれたなぁと思いました。スタートして3、4キロの時点でスピードと足さばきが全然ダメで、これはとんでもないことになると思っていました。それがそのまま順位に出ましたね。山を軽視していたわけじゃないですが、改めて山の重要性がよくわかりました。この夏からは特殊区間候補の選手は山に特化した練習をしていかないといけないですし、もっと力のある選手を山にのせていこうと思っています」

──5区の相澤拓摩選手には、レース後、何か伝えたのですか。

「相澤には、『この順位では、今後、怖くて使えない。これを払拭するには、1万m28分台、5000m13分台にいかないと。そのくらいのタイムの選手がやりたいと言ってきているから、それを越えないかぎり、これが最後の箱根になるかもしれない。そのくらいの気持ちで今後やってほしい』と伝えました。本人は、『やるしかないです』と言っていましたが、春には強い新入生が入ってきますし、覚悟のある選手が台頭してくるので、あとは本人の頑張り次第でしょうね」

 立教大の往路は、最下位の20位だった。もっとやれるはずのメンバーなのに、本来の実力を発揮できずに終わった。上野監督は、復路のメンバーも往路同様に、ひとりも当日変更を行なわず、区間エントリ―したままのオーダーを貫いた。

──区間配置のメンバーの当日変更は、ひとりもいませんでした。

「当日変更する意味って何なのか、何がメリットなのか、今ひとつピンとこなくて......。ひとつは体調不良の選手が出た時、エース格を2人外しておいて、そこに入れるというのはわかるんです。でも、よく他大学のオーダーを見て、当日変更で選手を入れ替えるとか言われるじゃないですか。僕の考えですが、普通、そんなことしないですよ。特に、うちみたいなチームは、オーダーした選手が(準備を整えて)スタートラインに立てるような意識をもってやらないと戦えないです。僕は、正々堂々と発表したままのオーダーでいくのがいいと思って今回は臨みました」

──復路は、2、3年生中心のオーダーでした。

「復路は、ハマれば自信がありました。9区の中山と10区の安藤は、シード権争いをした場合に力を発揮してくれると思い、配置したんです。6区の内田(賢利・3年)は、適任者がいないなか、粘って走ってくれたと思います。7区の(服部)凱杏(3年)は、元々16名のメンバーに入っていなかったんですが、強化合宿から調子が上がってきたんです。合宿中の10マイルもひとりで淡々と走っていたので、これはおもしろいなと思い、起用しました。周囲が速いのでブレーキしたように見えるけど、来年はもっとおもしろい存在になると思います。問題は、8区でした」

──問題というのは。

「復路は、8区が重要区間だと思っていたので、山本(羅生・2年)を置いたんです。彼は、この復路のメンバーのなかだと区間5位前後を走れる力があったので、ここで切り替えられたら中山と安藤につないで順位を上げていくことができると思っていました。実際、山本は記録会では強くて、5000m(13分57秒11)、1万m(28分45秒06)の自己ベストを更新していたんです。でも、小心者というか、プレッシャーや大舞台に弱いんですよ。それが如実に出てしまいましたね」

──襷がつながらないことの怖さはありましたか。

「復路には自信がありましたし、7区の(服部)凱杏がうまく抜けられれば繰り上げはないと思っていました。9区の10キロ過ぎには大丈夫だろうと確信しましたが、正直な話、襷がつながるというレベルの話をしていることが違うよなと思っていました。襷をつなげたことを喜んでくださる方がたくさんいますが、うちのチームが目指すところはそこじゃないんです。僕はシード権を狙えるチームだと考えていたので、繰り上げとか想像もしていませんでしたね」

──往路、復路の2日間を戦い終えた気持ちは、どういうものでしたか。

「自分が現役の時は、2日間って長いなぁって思っていたんですが、指導者として走った箱根はあっという間でしたね。それに1年間、努力してきた結果が、こんな結果になってしまうんだという怖さも感じました。今回、うちのチームはベストメンバーですし、このメンツなら10番前後にいってもおかしくはない。そういう期待もあったと思いますが、選手は力を発揮することができなかった。みんな、まだ自分に自信を持てていないのかなと思うところもありますが、選手が持っている力を100%発揮させることができなかったのは、自分の責任だと思っています」

後編に続く>>「箱根駅伝18位の立教大に足りなかったもの」


上野裕一郎(うえの・ゆういちろう)
立教大学陸上部男子駅伝監督。1985年7月29日、長野県生まれ。身長183cm。
佐久長聖高校、中央大学、ヱスビー食品、DeNAを経て現職。現役選手でもあり、「ランナー兼指導者」の二刀流で活動する「日本一速い監督」。2023年1月22日に行なわれた第28回全国都道府県対抗男子駅伝では、長野県代表としてアンカーで出場し、1位でゴールテープを切った。

◆箱根駅伝2023特集 レースの裏側、監督インタビューなど他の記事を読む>>

著者:佐藤俊●文 text by Sato Shun