立教大・駅伝監督
上野裕一郎氏インタビュー
後編
前編を読む>>「当日のメンバー変更は何がメリットなのかピンとこない」

 立教大、55年ぶりの箱根駅伝は、往路20位、復路16位、総合18位に終わった。前評判では、シード権を獲得できる戦力があるチームとして注目されたが、1区から出遅れてしまい、復路もなかなか思うように挽回することができなかった。選手はもちろん、上野裕一郎監督も指導者として初めての箱根だったが、今後に向けて収穫、課題などいろんなものが見えてきたようだ。


立教大は箱根駅伝で総合18位という結果に終わった

──走る箱根と指導する箱根では、大きな違いを感じましたか。

「まったく別モノでしたね。選手の時は、自分の走りでチームに勇気を与え、流れを変えられたりするんです。でも、監督の場合は、選手を送り出したら何もできないですし、その頑張りをうしろから見ているだけ。そういうなか、選手が必死に頑張っている姿からは勇気をもらいましたし、来年はもっといい感じで走らせてあげたいという気持ちになりました」

──監督車の経験はいかがでしたか。

「モニターとか何もなく、経過がわからないので、TVerを見ていました(笑)。持ち込んだものはストップウォッチと大学のエントリ―シートです。そこに各選手の5キロごとのラップを書き込んでいました。これは来年、参考にするためです。声かけは、その場で思ったことを主に言っていました。主務からは5キロ、10キロ、15キロで各区間の前後の選手とのタイム差を教えてもらって、選手に『前と18秒差だよ』とか、そんな感じで伝えていました。前が見えても何秒差なのかわからないですし、余裕がある選手には、48秒差のところを40秒と言ったり、メリハリをつけていました」

──声かけのシーンで印象に残っていることはありますか。

「2区で國安が東洋大の石田(洸介・2年)選手と競ったところがあったんです。その時、酒井(俊幸)監督が『うしろから國安君来たよ、エース対決で負けるなよ』って声かけしていたので、かぶせるように『大丈夫、エース対決でお前は勝てる。勝てるぞ!!』と声かけをして、抜いた時には『よっしゃー勝ったぞ!!』と叫んでしまいました。やっぱり勝負に勝って、ひとつでも前(の順位)で襷を渡すのはすごく大事なことなので、選手をその気にさせる声かけは重要だと感じました」

──上野監督にとって初の箱根は総合18位に終わりました。

「改めて箱根は難しいなと思いました。2日間、監督車に乗りながら『なんでこんなにラップが遅いんだろ』、『なんで力どおりに走れないんだろ』と思っていました。100%の状態を作っていっても、それを出しきることができない。うちのチームにとっては初めての箱根ということもあると思うんですが、たぶんみんな、60%ぐらいしか力を発揮できていない。それは、他大学にも普通にあることだと思うんですけど、やっぱり考えているようにいかないことのほうが多かった。一方、今回、優勝した駒澤大は質が高い選手が全員パーフェクトに走った。そうなると、もうどうしようもないですね」

──今回の結果を受けて、今の立教には何が必要だと思いますか。

「根性と度胸ですね。今頃、精神論かよと思われるかもしれないですけど、僕は本番に負けない度胸が必要だと思っています」

──度胸は、どうつけていくのでしょうか。

「記録会とか、小さなレースに出てもどうにもならない。やはり関東インカレを含め、予選会、駅伝とか大きな大会に出て、自分のリミットを越えてギリギリの勝負を戦う経験を重ねることです。レベルの高い選手が揃って、部内の競争が激しいチームは、そういう大会経験に加え、ふだんから競技面とメンタルの両面で鍛えられて度胸がついていきますが、うちはまだまだそこまで競争も激しくはないので、なかなか難しいですが、やっていかないと......」

 駅伝など大きな大会は、ひとつも欠かせない。そういう意味でシード権を獲得して、出雲駅伝の出場権を獲得したかったと上野監督は言う。ショートレンジでの駅伝であれば、スピードがある選手が多く、十分戦うことができるし、そこで得たものが箱根につながると思っているからだ。今回、そのプランは消えたが、これからは学生ハーフ、関東インカレ、そして全日本大学駅伝予選会などが上半期の大きなレースになる。上野監督は新チームをどう箱根に導いていくのだろうか。

──新しいシーズンから練習、強化の取り組みに新しいことを導入していきますか。

「年間の流れは、これまで作り上げてきたものでほとんど変えません。春夏合宿のメニューもある程度固定化して、成長を数値化して見ていけるようにします。春のトラックシーズンに入ってからは大会ごとにフォーカスして、練習に違いを出していこうと思っています。それもこれまでやってきて、選手もわかってきているのでスムーズにやれると思っています」

──今回の箱根の結果を受けて、距離を踏む練習にはシフトしない、と。

「そうですね。うちは箱根駅伝のために競技をやっているわけではないので、トラックも含めてオールマイティーにやっていくのが自分たちのスタイルでもあります。ロングを軸にがんがん練習させて、駅伝にもっていくのは簡単なんですけど、それじゃ陸上を楽しむ気持ちを失ってしまう。立教は、自分で考えて、なんでもできるよ、というのがモットーです。それを軸にしているので、退部者が出ないんです。他大学ではライバル同士で当たりが強くなったり、監督とそりが合わないとか、チームの雰囲気が合わないのでやめてしまう選手がけっこういるじゃないですか。うちでやめるなら他大学だと100%やめてますって、うちの選手は言っています(苦笑)」

──上野監督の指導も独特ですからね。

「新しい指導スタイルみたいに言われますけど、僕は好きで走っているだけです。監督は選手のことを第一に考えて、選手に練習など、よりよい環境を与えるのが仕事だと思うんです。箱根上位校の監督さんは、それができているのですが、僕には指導経験も言葉で説得できるような力もないし、まだまだ未熟です。自分が他の監督に勝てるものは何かというのを考えた時、走る指導スタイルが生まれてきました。あと数年もしたら、このスタイルができなくなるかもしれないですが、立教のスタイルみたいなものをきちんと形作っていきたいですね」

──立教大学創立150周年記念事業で、5年計画で箱根駅伝出場を目指しましたが、4年で実現しました。1年前倒しで出場できた経験はチームにとって大きいですね。

「今回、箱根に出場できたことで選手たちはいろんな経験ができましたし、自分自身、気持ちが少しラクになりました。でも、目標は2024年の第100回大会に出場することです。来年の箱根に出ないと今回出た意味がなくなってしまいますし、来年も箱根で戦ってこそ本当のスタートになると思うんです。過去、いろんな大学が箱根に出たり、落ちたりしているけど、そういうのを繰り返すことはしたくない。そのために、今年は言うべきところはきちんと学生に伝えていこうと思っています」

──指導をより厳しくということでしょうか。

「今までは、選手にダメなところがあってもそこをうまく濁しながら伝えていたんです。雰囲気とか崩したくなかったので。でも、この春からはハッキリとストレートにいいことはいい、悪いことはダメと伝えていこうと思っています。その段階で『監督、何言ってんの』『ふざけるな』と思うのか、それとも『そうだな』と思うのか。前者だと、成長できないでしょうし、そういう選手は箱根を走るメンバーには選ばれないでしょうね」

──選手へのアプローチが太陽から北風に変わると反発も起きそうですが。

「そこには気にしていません。本当に強くなりたい、箱根を走りたいと思う選手は、自分の厳しい言葉を受け止めて、必ず這い上がってきます。そういう選手の集合体になれば、自信をもって箱根でも戦える。『立教、おもしろいね』って言ってもらえる存在になるんじゃないかなと思っています」


上野裕一郎(うえの・ゆういちろう)
立教大学陸上部男子駅伝監督。1985年7月29日、長野県生まれ。身長183cm。
佐久長聖高校、中央大学、ヱスビー食品、DeNAを経て現職。現役選手でもあり、「ランナー兼指導者」の二刀流で活動する「日本一速い監督」。2023年1月22日に行なわれた第28回全国都道府県対抗男子駅伝では、長野県代表としてアンカーで出場し、1位でゴールテープを切った。

◆箱根駅伝2023特集 レースの裏側、監督インタビューなど他の記事を読む>>

著者:佐藤俊●文 text by Sato Shun