風間八宏のサッカー深堀りSTYLE

独自の技術論で、サッカー界に大きな影響を与えている風間八宏氏が、今季の欧州サッカーシーンで飛躍している選手のプレーを分析する。今回は、世界最高峰のパフォーマンスを見せるマンチェスター・シティで、ますます存在感を見せるMFロドリを紹介。アンカーを務めながらゴールも奪う、そのスゴさとは?

◆ ◆ ◆

【ボランチだけでなくシュートレンジにも入っていける】

「以前は、このポジションの選手は守備の指揮官というのが定番でしたが、この選手の場合、攻撃の指揮官にもなれるうえ、第2ストライカーにもなれる」

 独自の視点を持つ風間八宏氏が、そう言って舌を巻くのが、マンチェスター・シティの中心選手として活躍するスペイン代表MFのロドリだ。


マンチェスター・シティでますます存在感が増しているロドリ(写真右) photo by Getty Images

 ロドリと言えば、インテルと戦った昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦の決勝ゴールが記憶に新しいが、しかしそのゴールシーン以外にも、攻守両面にわたってクオリティの高いプレーを披露。マンチェスター・シティの悲願だった欧州制覇の立役者であることは、誰もが認めるところだろう。

 そのロドリが担当するポジションが、スペインで言う「ピボーテ」。いわゆるアンカーポジションだ。

 しかし風間氏は、ロドリはこれまでのピボーテの概念を進化させたと見ている。

「少し前までは、アンカーやボランチと言われるポジションでプレーする選手はセンターバックの前が主な仕事場所で、守備的MFとして、あるいは攻撃の起点としてのボールのさばき役を担うのが一般的でした。

 でも、ロドリはそれだけではありません。つねに真ん中でプレーすることは同じですが、チーム全体が押し込んで攻めている時は、攻撃の駒となってシュートレンジにも入って行ける。

 相手のペナルティーエリア付近でラストパスを供給することもできますし、自らシュートも狙います。後方から前線にタイミングよく出てくるので、マークするのは難しいですし、相手にとってこれほど捕まえにくい選手はいないと思います」

 風間氏が指摘してくれたように、ロドリはピボーテの概念にとらわれない、ある意味でオールラウンダーなMFだと言える。スタートポジションは守備的MFではあるが、チームのなかで担っている役割は、守備的な仕事だけではない。

 それは、つねに戦術の最先端を走るジョゼップ・グアルディオラ監督が、理想としているピボーテ像と言っていい。

【大きな特長はボールを前に運べること】

 1996年6月22日生まれのロドリは、プロデビューしたビジャレアル時代から将来を嘱望される大型ピボーテとして注目されていたが、より成長を遂げたのは、2019年にディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリードから、グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティに移籍してからだろう。

 加入当初からマンチェスター・シティの主力となったが、そのプレーバリエーションは、グアルディオラ監督の戦術の変化とともに広がっていった。

 では、なぜロドリはこのような進化を果たすことができたのか。その前提となるプレーの特長について、風間氏が解説してくれた。

「何より、すべてのプレーが正確であるということ。何か派手なテクニックを見せるわけではありませんが、受ける、止める、運ぶといったすべてのプレーが正確で、彼がボールを持つと相手が止まってしまいます。

 なぜ相手が止まるのかと言えば、ボールを受けたら次に何でもできる体勢をつくれるからです。相手を止めてくれるので、他の味方選手にしてみれば楽ですよね。

 それと、ボールを運ぶ技術が高いというのも、大きな特長だと思います。このポジションの選手は、どちらかと言えばボールを受けたらパスを選択する場合が多いですが、ロドリは状況を見極めながら、ボールを前に運んで攻撃の幅を広げることができる。

 もちろん、高精度のパスも武器としているので、相手陣内では攻撃的MFとして攻撃の司令塔役にもなれます。しかも、いつも前向きでプレーするので、相手はなかなか捕まえられません。

 たとえば、バイエルンのヨシュア・キミッヒの場合はボールを運ぶプレーをあまりしないので、相手は捕まえようとすれば捕まえられる。また圧力をかければ、後ろや横にパスするケースが多いので、しっかりマークすればまだ対応はしやすいんです。

 ところがロドリは、パス以外にも運ぶという選択がある。後ろや横に逃げずに、前に出て行いけるので、なかなか対応しにくい。本当に厄介な選手です」

 まさに、何でもできるスーパーMF。世界広しといえども、ロドリと同じ能力を兼ね備えた選手を探すのは難しい。それほど、特別な選手であるということだろう。

【相手DFをGKの目隠しにしてシュートする技術】

 そしてもうひとつ、風間氏が指摘してくれたのが、ロドリが持つ独特のシュートテクニックだった。

「ゴールシーンをよく見てもらえればわかると思いますが、ロドリはブロックにきた相手DFをGKの目隠しに使ってシュートするテクニックを持っている。つまり、ロドリがシュートをする瞬間、相手GKはブロックに行くDFがボールと重なってしまうため、目隠しされた状態になって反応できない。

 このシュートテクニックを持った選手は、FWでも多くはいません。しかも、シュートそのものの精度も高いわけですから、第2ストライカーと言っていいと思います」

 現在ロドリは27歳。現在の充実ぶりを見ても、今後もまだまだ進化を遂げそうな気配は十分にある。しかも指導を受けているのが、飽くことなく戦術を進化させていくグアルディオラ監督となれば、なおさらだ。

 今後も、ますます見逃せないワールドクラスのひとりと言える。

風間八宏 
かざま・やひろ/1961年10月16日生まれ。静岡県出身。清水市立商業(当時)、筑波大学と進み、ドイツで5シーズンプレーしたのち、帰国後はマツダSC(サンフレッチェ広島の前身)に入り、Jリーグでは1994年サントリーシリーズの優勝に中心選手として貢献した。引退後は桐蔭横浜大学、筑波大学、川崎フロンターレ、名古屋グランパスの監督を歴任。各チームで技術力にあふれたサッカーを展開する。現在はセレッソ大阪アカデミーの技術委員長を務めつつ、全国でサッカー選手、サッカーコーチを指導。今季は関東1部の南葛SCの監督兼テクニカルディレクターに就任。

著者:中山 淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi