スペイン、ラ・リーガ1部のマジョルカは、日本代表FW浅野拓磨の入団を公式に発表している。契約は2年間。ドイツ、ブンデスリーガ1部のボーフムの残留に貢献していた浅野だが、クラブとは契約満了だったため移籍金ゼロで獲得できた。

 マジョルカは、J2清水エスパルスと業務提携するなど、"親日派"のクラブと言えるだろう。浅野はクラブ4人目の日本人選手となる。過去に大久保嘉人、家長昭博、そして久保建英が在籍。それぞれ、足跡を残している。

 はたして浅野はマジョルカで成功を収められるのか?


2023−24シーズンボーフム(ドイツ)で1部残留に貢献した浅野拓磨 photo by Laci Perenyi/AFLO

「左利きサイドアタッカー」

 スペイン大手スポーツ紙『マルカ』は、浅野をそう紹介している。本当は右利きが、まだ情報が乏しいのだろう。

「右利きのアタッカー。前線のポジションはスピードを生かしてどこでもできる。日本ではジャガーの異名」

 一方で、スペイン大手スポーツ紙『アス』の記事は正確だったが、これはクラブの発表文をそのまま引用しているにすぎない。

 ともあれ、現時点での浅野は不透明な存在と言える。ブンデスで残留を争っていたチームの日本人選手は、ラ・リーガではスターではない。まずはお手並み拝見、ということだろう。

 今シーズン、マジョルカは新しいチームで挑む。昨シーズンまでのハビエル・アギーレ監督が契約満了で退任し、オサスナを率いていたハゴバ・アラサテが迎えられることになった。アギーレはクラブを残留させ、スペイン国王杯で決勝に導くなど結果は出したが、5バックの堅守カウンターサッカーは面白味には欠けた。そこで2022−23シーズン、財政的に同レベルのオサスナを、モダンなサッカーで国王杯決勝に導いたアラサテに白羽の矢が立った。

 浅野はどう使われるのか?

 アラサテは、4−3−3を用いる公算が高い。オサスナ時代のアラサテは、トップにはクロアチア代表アンテ・ブディミルを重用したように、大柄でポストワークができるストライカーを好む。左にはモイ・ゴメスのように技巧的ドリブラーを置いて崩し役を求める。マジョルカではそこに、かつての麾下選手アブデ・エザルズリ(現ベティス)の獲得を目論んでいる。

【右サイドでの起用が濃厚】

 一方、右にはエセキエル・アビラやラウール・ガルシアなど本来はストライカーの選手を偽FW的に配置し、攻撃力を高めていた。

 導かれる答えとしては、浅野のポジションは右アタッカーになるか。縦を一気のスプリントで突くイメージで、それはボーフムでも、日本代表でも大きく変わらない。たとえばカタールW杯のドイツ戦のようなプレーができたら、ポジションが与えられるだろう。レアル・マドリードのアントニオ・リュディガーを翻弄して決めたゴールはワールドクラスだ。

 ただ、浅野はラ・リーガでは「うまい」選手ではない。おそらく、技術面ではかなり苦しむだろう。スペインではいくら速くても、サイドでボールを収めたり、機転が利いたり、あるいは連係して守備ができるセンスがないと、たちまち失格の烙印を押される。

 過去を振り返っても、日本人がラ・リーガで活躍するのは簡単ではない。

 大久保は華々しいデビュー戦をやってのけ、降格の危機を救う最後の5試合は「救世主」レベルだったが、それが続かなかった。Jリーグでは最高レベルのテクニシャンである家長ですら、ラ・リーガの強度のなかでは技術を出しきれていない。チームは違うが、中村俊輔、清武弘嗣、柴崎岳も1部では即時撤退を余儀なくされた。

 その点、久保は眩いほどの活躍を見せている。18歳で入団したマジョルカで主力となって、ステップアップ。レアル・ソシエダで覚醒し、昨シーズンはCLベスト16に導く原動力になった。スペイン語をネイティブ同然で使い、スペイン人以上に感情を出しながら戦い、選手やスタッフとコミュニケーションを取れる。彼の場合、適応というより、彼自身がスペイン人のようだということもある。

 そのせいで忘れそうになってしまうが、依然として"ボーダー"は存在している。

 まずはスペイン語を身につけ、ある程度コミュニケーションを取れないと、孤立することになる。デビッド・ベッカムですら、レアル・マドリードでは英語のままで密かに馬鹿にされていた。その点では、ドイツやオランダとも事情が異なる。語学だけでなく、自分のプレースタイルを伝え、味方のプレースタイルをいち早く理解する必要がある。それを試合だけでなく、日々の練習のなかでやり続けることだ。

 浅野の武器であるスピードは、ラ・リーガでも通用するだろう。それどころか、速さの連続性は、スペイン人も最初は面食らうに違いない。だからこそ、勢いでポジションを奪い、相手も情報が乏しいなか、ゴールを決めることが重要になるだろう。ゴールは信頼に直結する。逆に言えば、ゴールが取れなければ、どれだけ献身性を見せても、足が速くても、何の価値も与えられない。

 浅野のスペイン挑戦は朗報と言える。なぜなら、これだけ久保が門戸を広げたにもかかわらず、1部には日本人選手がいなかったからだ。今回はひとつの大きなテストになる。日本サッカーは、本当に進化を遂げたのか。浅野はそんな命題をも背負い、マジョルカ島に乗り込む。

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki