微笑みの鬼軍曹〜関根潤三伝
証言者:秦真司(後編)

前編:秦真司が語る指揮官・関根潤三の起用法はこちら>>


1991年以降は外野手としてヤクルト黄金期を支えた秦真司氏 photo by Sankei Visual

【ID野球の成功は土台があったから】

 関根潤三がヤクルトスワローズの監督となって2年目の1988年、秦真司はようやく正捕手の座を掴つかんだ。しかし、翌89年シーズン終了後、関根はチームを去る。後任は野村克也が務めることになり、この時ドラフト2位でトヨタ自動車から入団したのが古田敦也である。

「野村さんがヤクルト監督となって3年目の92年にリーグ優勝、翌93年には日本一になりました。これは関根さんの時代に育った選手がいたからこそ可能になったことでした。関根さんが徹底的に鍛え上げた若手に、野村さんが"頭の野球"を叩き込みました。そこには、関根さんに対するライバル心があったと僕は思います」

 関根監督時代に抜擢され、小さな成功体験を積み上げたことで大きく成長した池山隆寛、広沢克己(現・廣澤克実[光白1])、そして秦らに、野村は「ID(データ重視)野球」を叩き込んだ。こうして、選手たちは飛躍的な成長を遂げた。後年の話となるが、秦の結婚式において、野村は「ヤクルトには関根さんが育てた選手がたくさんいるが、秦もそのひとりです」とスピーチしたという。秦が続ける。

「野村さんとしては、関根さんが培った池山、広沢さんらを重宝しつつ、自分で育てた選手も起用したかった。キャンプの時点ですでに、『バッティングには目をつぶって、古田を使う』と明言していましたから」

 その言葉どおりに古田が正捕手となり、野村監督の下で黄金時代を築くことになるのは周知の事実だ。持ち前の打撃を評価されていた秦は、捕手から外野手にコンバートされ、選手会長も歴任し、スワローズ黄金時代の立役者のひとりとなった。

「野村さんが監督になってヤクルトが強くなった理由のひとつは、関根さんが土台づくりをしていたことが大きかったと思います。そこに古田や飯田(哲也)、土橋(勝征)ら、野村さんに抜擢された選手が加わって強いチームとなりました。でもその半面、関根監督時代に台頭していた栗山(英樹)さんや、笘篠(賢治)が出番を失い、チームを出ていきました。たぶん、栗さんも、笘篠も、野村さんの時代にはいい思い出はないと思いますね......」

 この発言にあるように、栗山は野村が監督に就任した90年シーズンを最後に、29歳という若さでユニフォームを脱いだ。表向きは「持病のメニエール病の悪化のため」と報道されたが、その背後には「野村との確執があった」という話もある。一方の笘篠も、野村との対立が原因で出番を失い、98年シーズンに広島東洋カープに移籍した。あらためて、秦は力説する。

「野村さんの指導に合わずにチームを去った選手がいる一方で、野村さんによってさらに飛躍した選手もいました。野村さんがもたらしたID野球はたしかにすごいと思うけど、それが成功したのは、関根さんが遺してくれた土台があったからこそだと僕は思います」

 秦は何度も、「土台」という言葉を繰り返した。

【恩返しができなかったことが心残り】

 第1回・川崎憲次郎編でも触れたように、監督退任後の90年に発売された関根の自著『一勝二敗の勝者論』(佼成出版社)には、「ヤクルトの息子たちへ」と題して、各選手へのメッセージが綴られている。秦についての一文を引用したい。

秦真司へ──
 六十三年の巨人との東北でのゲームで、きみは走者とぶつかり、くちびるを裂くというケガをしたことがあった。トレーナーは「すぐ医者へ!」とさけんでいた。
「ハタ、医者へ行くのか?」
「いえ、大丈夫......です」
「ゲームに出るのか出ないのか、はっきりしろ!」
 きみは裂けたくちびるをバンソウコウでとめて、ゲームを続けた。翌日も、傷口を医者で縫ったために、口をもぐもぐさせながらもゲームに出た。
 みごとながんばりであったと思う。負傷は、名誉ではない。下手だから負傷するのだということがよくわかったはずだ。
 これからも若手に見本を示すプレーを期待している。

 秦のプレーに対して「みごとながんばりであった」と称賛しつつ、「下手だから負傷するのだ」と厳しく諭してもいる。この一文を読み上げると、秦の表情がほころんだ。

「あぁ、懐かしい。よく覚えています。ここ、下唇を5針ぐらい縫いました。ただ、走者とぶつかったのではなく、ボールを捕りに行ったところ、内野手と交錯したんです。ケガをするということは周りが見えていないということだから、たしかに関根さんの言うとおりですよね。自分としては、『ケガをしてでも捕球しよう』というガッツの表れだけど、関根さんのような超一流の人から見れば、『もっと慎重にいけよ』ということになるんでしょうね」

 そう語ると、「うれしいなぁ」と白い歯がこぼれ、「ちょっと(そのページの)写メ撮ってもいいですか?」と、秦は自分の携帯電話を取り出した。そして、こんな言葉を続けた。

「きっと関根さんは、志半ばでヤクルトを去ったと思うんです。僕らは、野村さんには優勝日本一という結果で恩返しができたけど、関根さんには何も恩返しができなかった。自分の実力のなさ、チームとしての力のなさ、そんなことを関根さんに対しては、ついつい感じてしまいます......」

【関根潤三が遺したもの】

 関根がスワローズのユニフォームに身を包んだのは1987年から89年までの3年だ。昭和から平成へと元号が変わったこの時期に多くの若手を鍛え上げ、そして後任の野村克也監督の下で、チームは大輪の花を咲かせた。その渦中にいた秦に尋ねた。「関根監督がスワローズにもたらしたものは何か?」と。しばらく考えると、秦は静かに口を開いた。

「決してネガティブ思考に陥ることなく、ポジティブ思考にするきっかけをつくってくれた監督だったと思います。たとえ、プレーで失敗したとしても、何度もチャンスを与えてくれることで、失敗への不安や怖さを取り除いてくれました。それは、当時の選手たちが関根さんからもらった財産だと思いますね」

 生前の関根は、自らのことを「育成の監督」と語っていた。前掲書『一勝二敗の勝者論』には、こんな一節がある。

 若手を育成する際に大切なことは、①選手に具体的な目標を与え、練習を繰り返させる、②きびしい練習に耐えられるよう、たえず激励する、③プロの選手としての自信をつけさせる、④その選手の特徴を見抜き、本人に自覚させ、その特徴をのばす、などいろいろある。しかし、そのすべての基本にあるものが、"待つことのできる指導者"であると私は思っている。

 ここまで秦が述べているように、「待つことのできる指導者」であるからこそ、選手たちは失敗への不安や恐怖が少しずつ払拭され、小さな成功体験を積み上げていくことが可能となった。この関根発言について、秦はあらためて大きくうなずいた。

「たしかに、チームを強くするというよりは、選手を伸ばす監督でした。もちろん、野村監督には優勝の喜びを体験させてくれたことに感謝しているけど、その土台をつくってくれた関根さんに対する感謝も大きいです。関根監督時代に、フィジカル面での土台づくりがあって、少しずつ経験を積んでいって精神力も鍛えていって、そこに知力が加わった。若手時代にいきなり知力から入っていたら、池山もあそこまでの選手にはならなかったはずです。僕に限らず、いい出会いだったんだと思います」

 個人的な思いとしては、古田のように「もしも入団時に野村さんと出会えていたら......」という考えが頭をよぎったこともあるという。しかし、仮定の話をすることにあまり意味はない。自分が歩んできた道を悔いる思いもない。関根との出会いは、自分に多くのものをもたらした。秦自身はそう感じている──。


関根潤三(せきね・じゅんぞう)/1927年3月15日、東京都生まれ。旧制日大三中から法政大へ進み、1年からエースとして79試合に登板。東京六大学リーグ歴代5位の通算41勝を挙げた。50年に近鉄に入り、投手として通算65勝をマーク。その後は打者に転向して通算1137安打を放った。65年に巨人へ移籍し、この年限りで引退。広島、巨人のコーチを経て、82〜84年に大洋(現DeNA)、87〜89年にヤクルトの監督を務めた。監督通算は780試合で331勝408敗41分。退任後は野球解説者として活躍し、穏やかな語り口が親しまれた。2003年度に野球殿堂入りした。20年4月、93歳でこの世を去った。

秦真司(はた・しんじ)/1962年7月29日、徳島県生まれ。鳴門高から法政大を経て84年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。88年に強打の捕手としてレギュラーをつかむと、野村克也監督のもと91年からは外野手に転向し、その年のオールスターに出場するなど中心選手として活躍。99年に日本ハム、2000年にロッテでプレーし、同年限りで現役引退。引退後はロッテ、中日のコーチを歴任し、08年からはBCリーグに新加入した群馬ダイヤモンドペガサスの監督に就任。12年から17年、19年とまで巨人のコーチを務め、現在は解説者として活躍している。

著者:長谷川晶一●文 text by Hasegawa Shoichi