MLBは29日(日本時間30日)、今季最も活躍した指名打者(DH)に贈られる「エドガー・マルティネス賞」を発表し、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手を選出した。

受賞ラッシュに沸いた今オフの大谷だが、MLBや全米野球記者協会などが選出する主要な賞の発表はこれが最後。11個目のタイトルを手にし、フィナーレを飾った。なお、同賞の投票は各球団の番記者などによって行われ、次点はJ.D.マルティネス(ボストン・レッドソックス)だった。

■DH部門の3賞を独占

ア・リーグの最優秀指名打者に贈られる今季の「エドガー・マルティネス賞」が発表され、大谷が初受賞した。1973年に創設された同賞をエンゼルスの選手が受賞するのは初。また、日本選手が選ばれるのも初。さらに、ア・リーグMVPとの同時受賞も史上初と、“初物尽くし”で今オフの「賞タイム」を締めくくった。

MLB公式サイトは「オオタニはヒューストン・アストロズのヨルダン・アルバレス、ボストン・レッドソックスのJ.D.マルティネス、タンパベイ・レイズのネルソン・クルーズら、高い生産性を誇るDHを抑えての受賞となった」と報じ、「すでにDHでシルバースラッガー賞を受賞し、DHでオールMLBのファーストチームにも選ばれたオオタニにとって、最新の栄誉となった」とし、DH部門の賞独占を称えた。

「MLBネットワーク」も同賞について報じ、解説陣は「オオタニはシャイニングスター。これまではマイク・トラウトだったが、オオタニがトラウトの後を受け継いだ。その責任を果たし、メジャーリーグの期待を越えた」と称賛した。

また、米地元紙「オレンジカウンティーレジスター」のジェフ・フレッチャー記者は、「ショウヘイ・オオタニはもうすべてを手に入れたと思っていたのに……」と、受賞ラッシュのフィナーレについてツイートした。

今オフの「賞タイム」もこれで一区切り。個人で受け取れる賞は、ほぼ総ナメにした大谷。新シーズンも引き続き、「SHO TIME」は必見だ。

文・SPREAD編集部