1月20日、全豪オープン大会4日目、ダニエル太郎が2回戦で元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)を6−4、6−4、6−4のストレートで打ち破る大金星を上げた。ケガからの完全復活途上であるとは言え、ダニエルはタフな予選3戦を突破した上、元王者を撃破。自身初の四大大会3回戦進出と快進撃を続けている。

■速い攻撃で先手を打ったダニエル

元から小顔なダニエルの頬がさらにシャープになったようにも見えた。

そのダニエルの向かいには、言わずと知れたテニス界の大スター、アンディ・マリーが立っていた。世界1位の輝きから一転、タフなツアー生活でケガに苦しみ、人工股関節の手術を受け、完全復活への道を歩んでいる最中だ。

この偉大な相手に対し日本の挑戦者は、ゲーム序盤から自身の意志を見せつけるかのように素早く動き、ボールが少しでも浅くなるとアタックを続けてはエースを奪った。ベースライン上から様子を見るかのようにショットを受け取っていたマリーにとっても、ダニエルのスタート・ダッシュは予想を越えたものだったかもしれない。

マリーと言えばディープクロスへのショットの精度が高く、フォア・バック共にこの「ビッグX」の攻撃を使い相手の隙を狙って展開する。故に自分から先手を打ちにいくというよりよりは、ベースライン上で相手のペースを知ってから攻撃に転じることがベースにある。もちろん速攻の必要性を熟知しているが、ゲームの流れを読み、タイミングによってうまく使い分けながらカウンターでポイントを積むことが多い選手だ。

そんなマリーに対し、今回のダニエルはポイントの起点となるディープクロスを打たせないほどの速い攻撃で先手を打つことに成功していた。マリーが起点を作ろうとしても、早めにストレート展開を多用し、相手を走りまわさせてはネットでポイントを奪った。

■昨今のスタイルとも合致する方向性の転換

男子のトップレベルになると、相手から簡単にエースを奪うことは容易でない。

エースを取りたくても、強靭なフィジカルにより簡単に返球され、仕方なくラリーになると見ていいだろう。そのレベルにも関わらずエースを奪えるほどに、ダニエルのタイミングとボールスピードは優れていた。なおかつ、ストロークで押しきれない場合も考え、プッシュした後には必ずネットで相手のボールを待ち構えた。

かつてはベースライン後方でフォアのスピンボールを多用し、粘り強いプレーがダニエルの持ち味だった。そのテニスで2018年にはイスタンブール・オープン(ATP250)で優勝、同年にキャリアハイの64位も記録し、ノバク・ジョコビッチ(スロバキア)をも破った過去がある。

ここまで培ってきたテニスから、変革を目指した理由は、昨今のアップテンポなテニス界のスタイルが大きく関係していることだろう。とは言え、要因は一つではないはず。日々の戦いの中で改善を重ね、自身の成長を見据え続けた結果、現在のアグレッシブなテニスに到達したと想像する。

実際に、現代のアップテンポなテニスは「クレー・キング」であるラファエル・ナダル(スペイン)のテニスにさえ変化をもたらしている。ナダルも年を追うごとに主戦場が、ベースラインに近づき、テンポを速め、攻撃するポイントとして増加傾向にあるのだ。それでもダニエルほどの変革は滅多に見られない。守備力の強いカウンタパンチャーのスタイルから、対極とも言えるアグレッシブ・ベースライナーに変化できる選手もそうはいない。

どの選手にとってもポイントの取り方やリズムの変更は、ささいな点でもゲームに及ぼす影響は大きいものだ。過去にディフェンスでペースを掴んでいたダニエルからすれば、今の自分は攻め急いでいると言ってもいいぐらいテンポのペースを上げている。

されど、あのマリーを相手に細かなステップを何度も踏み、一歩でも前に入れる場所を見逃すまいと躍動する彼を見ていると……現代テニスにはテンポを落とす方がリスクであり、攻めないことはチャンスを見逃し、素通りさせることになる……、そう言っていいほどダニエルの方向性には迷いがなかった。