日本代表MFの久保建英が所属するレアル・ソシエダは9日(日本時間10日)、ラ・リーガ第16節でビジャレアルと対戦。スペイン紙の『MARCA』がスタメンを予想している。

■アンドレ・シウバを起用となれば…

1−1と引き分けた前節のオサスナ戦で負傷交代した左ウイングのアンデル・バレネチェアは欠場の見込みで、CBのロビン・ル・ノルマンは出場停止。また、キャプテンのミケル・オヤルサバルは妻の出産のために練習を休み、イマノル・アルグアシル監督も「ミケルはまだ試合に出場できる状態ではない。まずは子どもの誕生を祝福したい。ビジャレアル戦ではミケルのことは忘れよう」と述べている。

主力3名を欠くビジャレアル戦、スペイン紙の『MARCA』も「様々な理由でレギュラー3人を欠く」としてスタメンを予想。「ル・ノルマンの代役はアリツ・エルストンドが確実視されている。キャプテンのCFではウマル・サディクが引き続きプレーするだろう。バレネチェアの左ウイングには、アルセン・ザハリャンを起用するのか注目される」と展望した。

読みづらいのは、注目ポイントに挙げられているバレネチェアの代役だろう。前節のオサスナ戦ではザハリャンが途中出場したものの、そのザハリャンとの交代で終盤に投入されたアンドレ・シウバという選択肢もあるかもしれない。   スペイン紙『MARCA』の予想通りアンドレ・シウバが先発した場合、鍵を握るのは久保か。これまで攻撃時は右ウイング、守備時は2トップの一角を任されていたものの、左ウイングのバレネチェアの代わりにCFが主戦場のアンドレ・シウバを起用となれば、システム変更の可能性もあり、つまり久保には臨機応変な対応が求められるかもしれない。

■レアル・ソシエダの予想スタメン

フォーメーション:4−3−3 GK:アレックス・レミロ 右SB:アマリ・トラオレ、右CB:イゴール・スベルディア、左CB:アリツ・エルストンド、左SB:キーラン・ティアニー アンカー:マルティン・スビメンディ、右インサイドハーフ:ブライス・メンデス、左インサイドハーフ:ミケル・メリーノ 右ウイング:久保建英、CF:ウマル・サディク、左ウイング:アンドレ・シウバ

文●SPREAD編集部