サッカー日本代表MF三笘薫が所属するブライトンは9日(日本時間10日)、プレミアリーグ第16節でバーンリーと対戦予定。この試合に向けて英メディア『Sports Mole』は、プレビュー記事を掲載している。

■ファティが負傷で戦線離脱

6日(同7日)の前節ブレントフォード戦は、2−1で逆転勝利を飾っているブライトン。27分にPKで先制を許しながらも、その4分後にパスカル・グロスが圧巻のミドルで同点ゴールを決めると、52分には、18歳のジャック・ヒンシュルウッドがヘディングでリーグ初得点をマークし、これが決勝点となった。

次のバーンリー戦に向けて記事内では、「ブライトンの2選手が出場停止から復帰予定だ」との記述。ルイス・ダンク、マフムド・ダフードとその具体的な名前に触れており、「前者(ダンク)の復帰は、週半ばにドリームゴールを決めた18歳(ヒンシュルウッド)の立場を危険にさらす可能性がある」と指摘した。

12月の過密日程が続くなか、依然として負傷者を多く抱えており、今季バルセロナからローンで加入したアンス・ファティに関しては長期離脱の可能性を指揮官が示唆。不安定なチーム状態が続いている。この状況を踏まえながら同メディアは、「(ロベルト・)デゼルビ監督が今週末、ヨエル・フェルトマンとエバン・ファーガソンをスタメンに戻すかもしれない」とも分析を行なっている。

そして注目は、ブレントフォード戦で2ゴールに絡んだ三笘だ。同点弾のアシストをマークし、逆転ゴールの起点となるパスを送った。もちろんバーンリー戦も先発が予想されているが、前節フル出場で復調の兆しを見せた日本人アタッカーは、はたしてどんなプレーを見せるだろうか。2戦連続の活躍に期待したい。

■バーンリー戦の予想スタメン

フォーメーション:4−2−3−1 GK:ジェイソン・スティール DF:ヨエル・フェルトマン、ルイス・ダンク、イゴール、パスカル・グロス DMF:カルロス・バレバ、ビリー・ギルモア OMF:サイモン・アディングラ、ジョアン・ペドロ、三笘薫 FW:エバン・ファーガソン

文●SPREAD編集部