ドジャース大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席に今季17号アーチを放った。

■バットの音、熱狂する観客

両チーム無得点の初回、1死走者なしで迎えた大谷の第1打席。相手先発ジョン・グレイ投手の6球目スライダーを鋭く振り抜くと、鮮やかな打球音とともにボールは右中間スタンドへ飛び込んだ。

米メディア『ドジャース・ネーション』の公式Xは、記者席から俯瞰で捉えた17号アーチの映像を投稿した。「バットの音、熱狂する観客……LAに来たら、ショウヘイ・オオタニの試合を生で観るのは絶対に外せない」と綴り、臨場感たっぷりの球場の様子を伝えている。

大谷は2試合連続の17号アーチを打ち、ナ・リーグ本塁打部門で同僚テオスカー・ヘルナンデス外野手と並んで2位に浮上した。トップのマルセル・オズナ外野手まであと1本と肉薄。試合は現在4回が終了、1−0でドジャースがリードしている。