「JR九州×TVアニメ『鬼滅の刃』コラボ特製弁当」

JR九州は10月26日、博多駅構内の駅弁売場で、「JR九州×TVアニメ『鬼滅の刃』コラボ特製弁当」を発売する。「鬼滅の刃」の登場キャラクター「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」をイメージした弁当。SNS風キャラクタークリアカード1枚付き、税込1674円。販売期間は12月28日まで。

JR九州では「鬼滅の刃」とのコラボキャンペーンを開催しており、今回の弁当はその一環として発売するもの。

同キャンペーンでは、10月1日から「デジタルスタンプラリー」を展開している。九州地域の対象駅で「JR九州アプリ」を起動してキャラクターのスタンプを集め、全13スタンプをコンプリートした人の中から抽選で1000人に「限定オリジナルSUGOCA」をプレゼントするもの。

また、10月24からは、「『鬼滅の刃』九州乗り放題きっぷ+缶バッチセット(15種)」(オリジナル台紙付き、税込・送料込2万円)限定2000セットを発売するとともに、特急「かもめ」と特急「ソニック」で「鬼滅の刃」ラッピングトレインの運行を開始。

11月1日・3日・15日・21日・23日には、熊本駅から博多駅まで、「無限」ヘッドマークを装着した「SL人吉」とディーゼル機関車「DE10」による臨時列車の運行も予定している。列車内では「鬼滅の刃」グッズの販売を実施する。 「無限」ヘッドマークを装着した臨時列車

「無限」ヘッドマークを装着した臨時列車

 
〈「鬼滅の刃」コラボ特製弁当はアニメの設定を活かした商品設計〉
10月26日に発売する「JR九州×TVアニメ『鬼滅の刃』コラボ特製弁当」のイメージキャラクター「煉獄杏寿郎」は、10月16日に公開された映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の登場人物。
 
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は列車内を主な舞台として展開する作品で、作中には煉獄杏寿郎が弁当を食べている場面があり、「うまい! うまい! うまい!」と連呼しながら食べる様子が強烈なインパクトに仕上がっている。
 
2019年に発売された「鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録」では、この煉獄杏寿郎が食べている弁当が牛鍋弁当であることが明かされている。その設定は今回の「コラボ特製弁当」にも活かされており、メインのおかずは宮崎牛を贅沢に使用した「すき焼き」だ。その他には「さつまいもの物」と「みたらし団子」が入っており、ご飯の上には博多の名物である「やまやの辛子明太子」をまるごと1本のせた。
 
購入特典として、全5種類のSNS風キャラクターカード1枚をランダムに封入する。横100mm×縦141mmのミニ下敷きサイズ。5種類のデザインは「煉獄杏寿郎」のほか、主人公の「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」、その妹の「竈門禰豆子( かまどねずこ)」、炭治郎の同僚剣士の「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」、「嘴平 伊之助(はしびらいのすけ)」。各店舗、数量には限りがある。

「『鬼滅の刃』コラボ特製弁当」購入特典のSNS風キャラクタークリアカード

「『鬼滅の刃』コラボ特製弁当」購入特典のSNS風キャラクタークリアカード

 
「鬼滅の刃」コラボ特製弁当の販売店舗は、JR九州博多駅構内1階の「駅弁当博多口店」「駅弁当筑紫口店」と、新幹線改札内の「駅弁当新幹線口店」。
 
〈「鬼滅の刃×SLぐんま」には「無限列車駅弁 峠の釜めし」、一部店頭販売も〉
「鬼滅の刃」とのコラボキャンペーンはJR東日本でも「鬼滅の刃×SLぐんま 無限列車大作戦」を開催しており、駅弁「峠の釜めし」の製造元・荻野屋(おぎのや、群馬県安中市)による駅弁「無限列車駅弁 峠の釜めし」シリーズ5品を順次展開する。

鬼滅の刃×SLぐんま「無限列車駅弁 峠の釜めし」シリーズ

鬼滅の刃×SLぐんま「無限列車駅弁 峠の釜めし」シリーズ

 
〈関連記事〉鬼滅の刃×SLぐんま「峠の釜めし」コラボで「無限列車駅弁」発売へ、素朴で優しい「炭治郎」や家庭的な味の「禰豆子」、黄色く甘い「善逸」など
 
10月31日まで販売している第1弾商品は「無限列車駅弁〜峠の釜めし 竈門炭治郎編〜」と「無限列車駅弁〜峠の釜めし 竈門禰豆子編〜」。11月1日から30日までは「無限列車駅弁〜峠の釜めし 我妻善逸編〜」と「無限列車駅弁〜峠の釜めし 嘴平伊之助編〜」、12月1日から31日までは「無限列車駅弁〜峠の釜めし 煉獄杏寿郎編〜」を販売予定。各税込2000円。
 
「無限列車駅弁」は発表当初、WEB予約限定販売とされていたが、イベント期間中、JR横川駅近くの「荻野屋横川店」でも整理券制で店頭販売を実施している。店頭販売は各商品、平日100個・土日祝日200個の数量限定。販売当日の午前8時〜10時に先着順で整理券を配布し、引き渡しは14時から16時まで。購入数の上限は1人2個まで。
 
映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公式発表によると公開3日で観客動員342万人、興行収入46億円を突破。3日連続で、平日・土日ぞれぞれにおける日本国内で公開された映画の観客動員・興行収入の歴代1位という大記録を樹立した。
 
JR東日本イベントの「無限列車駅弁」がSNSなどで話題を獲得していることに加え、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は大ヒット。さらに、同作で重要な役割を務める「煉獄杏寿郎」の人気は急上昇していると見え、全国の映画館で発売された「鬼滅の刃ドリンクホルダー」で、各劇場のSNS投稿による完売情報がいち早く出回ったのは、唯一の女性キャラクターである竈門禰豆子と並んで、煉獄杏寿郎のデザインだった。
 
これらの背景を考えると、「煉獄杏寿郎」をイメージしたJR九州の「『鬼滅の刃』コラボ特製弁当」も、大注目を集める商品となることは間違いない。