かっぱ寿司「寿司全皿半額」キャンペーン、一日限り・店内飲食限定

かっぱ寿司は9月26日の1日限定で、「寿司全皿半額」キャンペーンを実施する。店内飲食限定企画。9月21日に発表したもの。

「寿司全皿半額」キャンペーンはその名の通り、“寿司全皿”を半額で提供する企画。店内飲食の寿司商品が対象。サイドメニュー・デザート・ドリンク類は対象外。各種クーポンは使用不可。カッパ・クリエイト発行の御食事券・株主優待ポイントは使用できる。

かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトによると、「寿司全皿半額」で提供するには、「通常よりも多くの商品原価を要する」ことから、SNSでの情報拡散を中心とする話題化や、店舗で従業員から告知を行う“従業員のメディア化”により広告費を抑制し、施策実施に至ったという。

かっぱ寿司公式Twitter(@kappasushi_jp)には、各店舗で店員が手作りしたチラシや、店内ポスターの画像など、告知ツールの一部を掲載。「かっぱ寿司で何かが起こる!!」「かっぱ寿司史上前代未聞」「かっぱ寿司がとんでもないことをやります」などのチラシを紹介している。

〈関連記事〉かっぱ寿司がシャリ全面改革、山形県産「はえぬき」単一使用、“回転寿司から脱却した品質”目指す かっぱ寿司 告知チラシや、店内ポスターなどの画像

告知チラシや店内ポスターなどの画像(かっぱ寿司「寿司全皿半額」キャンペーン)

また、キャンペーン発表前日の9月20日には、従業員が告知の紙を持った画像を5枚にわたり掲載。紙には「警備員が配備されるらしい」「取締役もお店で働くらしい」「かっぱ寿司全店で」「ついに」「明日の10時、情報解禁」と書かれており、大きなイベントを実施することを予期させた。

発表前日には5画像使用で紹介も

発表前日には5ツイート連続でキャンペーン紹介(かっぱ寿司「寿司全皿半額」キャンペーン)

キャンペーン発表の9月21日には、かっぱ寿司公式サイトや公式ツイッターに情報を掲載。告知画像には次の文言を記載している。
 
「シャリを変えた。ネタを変えた。とにかく、うまい!の一言を聞くために、かっぱ寿司はこだわりぬきました。自信を持って本当においしくなった、と言えるからこそ、どうしても食べてもらいたいんです。正直、採算度外視です。相当無茶もしています。26日(日)は、大変混雑が予想され、お寿司の提供が遅れたり、入店制限させていただく場合がございますが、従業員一同、精一杯対応させていただきます。みなさまのご来店、お待ちしております。」