吉野家は10月1日14時から、商品価格を改定する。一部の商品を除き、本体価格で平均18.8円の値上げ。9月26日に主な改定商品の新価格を発表した。

【関連記事】回転寿司チェーン 価格改定まとめ “1皿100円”はま寿司・かっぱ寿司のみに、「企業努力は限界」

「牛丼」「豚丼」などの各種丼は全サイズ一律20円の値上げ(以下、全て本体価格)。「牛丼 並盛」は現行価格388円から新価格408円、「豚丼 並盛」は358円から378円になる。

丼以外では「牛皿定食 並盛」(現行価格548円)が新価格568円、「朝牛セット 並盛」(現行458円)は新価格474円になる。

各商品の価格や改定日時は、競馬場内などの一部店舗では異なる。

吉野家 主な価格改定商品(2022年10月1日14時〜)

吉野家によると、同社ではこれまで原材料の安定調達と価格の維持に努めてきたが、昨今の原材料価格高騰や物流費上昇の影響を受け、自社努力だけでは現在の価格を維持することが困難な状況になった。“検討を重ねた結果”、現在の品質を維持しながら安定して商品の提供を続けていくために、やむを得ず商品の価格改定を決めたという。

なお、店内飲食における定食・御膳のご飯の増量、おかわり無料サービスは今後も継続する。吉野家は「何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます」としている。