サッポロビールは2022年10月1日、一部商品の生産者価格を値上げする。

対象商品はビール類で「サッポロ生ビール黒ラベル」「エビスビール」「サッポロ GOLD STAR」など、酒類テイスト飲料で「サッポロ うまみ搾り」「サッポロ LEMON’S FREE」など。RTDで「サッポロ 濃い目のレモンサワー」など。その他樽詰商品で「サッポロ氷彩サワー樽詰」「樽詰スパークリングワイン ポールスター」など。

【関連記事】アサヒビール10月値上げへ、「スーパードライ」「贅沢搾り」など162品目、ビール類は店頭想定価格6〜10%上昇

サッポロビール 値上げ対象商品(2022年10月1日同社売上分から)

【関連記事】サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」「金麦」など値上げ、「ハイボール缶」や「オールフリー」「のんある晩酌」も、2022年10月から

サッポロビールは今回の価格改定について、大麦・とうもろこしなどの原料価格の大幅な高騰、ダンボール・アルミなどの資材価格やエネルギー価格・物流費などのコスト上昇が続く中、サプライチェーン全体でさまざまなコスト削減・効率化に努めたが、「企業努力だけで上昇分を吸収することが困難な状況になった」ことから、今後も安全・安心な商品を引き続き安定的に供給するため「やむを得ず決定した」としている。

サッポロビールは「今後とも新しい楽しさ・豊かさを発見していただけるモノ造りで、より多くのお客様にご満足いただけるよう取り組んでいきます」などとしている。

【関連記事】キリンビール10月値上げへ、「一番搾り」「淡麗グリーンラベル」など

なお、大手ビールメーカーではキリンビール、アサヒビール、サントリーの各社も、10月1日からの値上げを予定している。