トリドールホールディングスは、中国本土で「丸亀製麺」数百店舗の展開を目指す。11月30日に開催した「グローバル戦略発表会」で明らかにした。

【関連記事】丸亀製麺×TOKIO松岡「俺たちの豚汁うどん」発売、釜抜き麺に濃厚味噌だし“豚汁だけど、豚汁じゃない”、「俺たちのニラバタ豚汁うどん」も同時発売

新たに「正大集団(英語名:Charoen Pokphand Group、CPグループ)」と中国市場で事業の共同開発の本格協議を開始し、覚書を締結したという。

「丸亀製麺」は中国へ2012年に初進出し、約50店舗ほどを展開していたが、現在は中国における「丸亀製麺」は店舗数ゼロとなっている。

「正大集団」は、畜産食品業、卸・小売業、マスコミ業を中核事業として10以上の業種と分野を展開。グループは世界100以上の国と地域で事業を展開し、従業員45万人、2021年の世界総売上は840億米ドル(約11兆円)。中国へは1979年に外資系企業として最も早く参入し、2021年度は1800億元(3兆4千億超)の売上と約10万人の従業員を誇る中国最大の外資系企業に成長している。

なお、トリドールホールディングスは、中国本土でスープヌードルチェーン3ブランド「Tamjai」「譚仔三哥(タムジャイサムゴー)」「雲南米線」の計208店舗を展開している(22年9月時点)。2028年度までに世界5,500(内海外4,000)店舗を目指しており、その中で「丸亀製麺」は1,000店舗展開を掲げている。

【関連記事】丸亀製麺のトリドール、香港発の米粉麺スープヌードル「譚仔三哥米線」日本1号店オープン、“日本語に訳せないウマさ。”5年で100店舗へ

中国でも展開するスープヌードル店「譚仔三哥」(写真は東京・新宿中央通り店)