日本マクドナルドは12月7日、「ビーフシチューパイ」を発売する。販売期間は2023年1月上旬まで。販売時間帯は開店から閉店までの全時間帯。

マクドナルドでは、創業当時からのレギュラーメニュー「ホットアップルパイ」のほか、さまざまなパイメニューを期間限定で展開している。ビーフシチューパイは2021年に新発売した商品で、2016年1月発売の「クリームシチューパイ」以来、約6年ぶりの甘くない“お食事パイ”として登場している。初登場の際に好評だったこともあり、マクドナルドは『あたたかなとろけるシチューで冷えた身体を温めていただきたい』として、2022-2023年冬の再販売を決定した。

「ビーフシチューパイ」は、牛肉とにんじん、じゃがいもなどの野菜をじっくり煮込んで旨みを引き出し、フォンドボーでコクと深みを加えたビーフシチューを、サクサクのパイで包んだメニュー。冬の寒い朝に身体を温めるモーニングのメニューや、ランチ・ディナータイムのサイドメニュー、小腹がすいた時のスナックとして1日を通して様々なシーンに合うメニューだという。価格は税込200円。

マクドナルド「ビーフシチューパイ」

〈大友康平さん本人が「フォルティシモ」の替え歌を熱唱「パイがすべてさ」篇CMも〉

商品発売に先立ち12月6日からは、ロックバンド「HOUND DOG(ハウンドドッグ)」のボーカル・大友康平さんが出演するTV-CM「ビーフシチューパイ パイがすべてさ」篇(15秒)を放映する。

CM楽曲は、『愛がすべてさ』のフレーズで知られるHOUND DOGの名曲「ff(フォルティシモ)」を、“パイへの愛”を伝える替え歌としてアレンジし、使用している。

CMでは、美しい夜景が見える公園のベンチに座り、あたたかな「ビーフシチューパイ」を食べようとする女性の前に突然、赤いジャケットを羽織った大友康平さんが現れる。女性が驚きの表情を見せる中、大友康平さんは手に持った「ビーフシチューパイ」をマイク代わりに、「パイがすべてさ 今こそ誓うよ パイをこめて〜」とフォルティシモの替え歌歌いはじめる。力強く歌い続ける大友康平さんに心を開きはじめた女性は、ほっと一息つくように「ビーフシチューパイ」をパクリと味わい、冷えた身体をあたためる。ビーフシチューパイのキャッチコピーである「パイは、愛だ」のメッセージが出た後、マクドナルドおなじみのメロディ「タラッタッタッタ〜」を大友康平さんが歌いCMは終了する。

マクドナルド「ビーフシチューパイ」2022イメージ

◆CM視聴=マクドナルド「ビーフシチューパイ」特設ページ