スターバックスコーヒージャパンは12月7日、新サービス「デジタル スターバックス カード ギフト」を開始する。

【関連記事】「スタバの福袋」Twitterトレンド1位に、“スターバックス福袋2023”抽選結果発表、当選無効分は繰り上げ抽選へ

公式モバイルアプリやサイトから、シーンや季節に合わせて「デジタル スターバックス カード」を贈る事ができる。デザインは30種類以上で、誕生日などお祝いのシーンに加え、感謝やねぎらい、季節ごとのデザインなど。入金額は1000円から3万円までの好きな金額を設定する。

スタバ「デジタル スターバックス カード ギフト」デザイン例イメージ

【関連記事】スタバのホリデーグッズ2022第2弾 冬空に舞う雪や“オーロラ”をイメージしたステンレスボトル・オーナメント、白や黒のシンプルなタンブラーも/スターバックス

贈り方は、デザインや入金額を選択後、好きなメッセージを120文字以内で入力し、決済情報などを入力して指定の電子メールアドレス宛てに送信する。

受け取る側は、「デジタル スターバックス カード ギフトが届きました」のメッセージを受信後、メッセージ内のURLから残高やカード番号、支払いバーコードが記載されたカード券面にアクセスすると、すぐに店舗で利用できる。カード券面からWeb登録すると、公式モバイルアプリからの利用も可能。

メール受信後はカード券面を表示して店舗で利用が可能(スマートフォン画面イメージ)/デジタル スターバックス カード ギフト

【関連記事】スタバ「バターキャラメルミルフィーユフラペチーノ」発売、“パリパリ”フィアンティーヌに“ザクザク”パイクラム、「ダークモカチップクリームフラペチーノ『Love&Happiness』カスタマイズ」も/スターバックス ホリデーシーズン2022

なお、「スターバックス カード」は、事前チャージ式のプリペイドカードとして、日本でサービスを開始してから20周年を迎える。2002年12月の登場からこれまでに300種類以上のカードを展開してきた。地域限定デザインのほか、少数生産のレアカード、ペン型やキーホルダー型などを販売した。2021年には、モバイルアプリと連携することで、画面上でデザインが動き出すカードも登場した。

過去に販売した「スターバックス カード」