ただの知り合いレベルの女性に「恋愛対象」として見てもらうには、多少のきっかけが必要なもの。さりげないプレゼントを贈ることで、「眼中なし」から「ちょっと気になる」に格上げされるケースもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性285名に聞いたアンケートを参考に、「眼中になかった男性に好感を抱いた『突然のプレゼント』」をご紹介します。

【1】一人だけ特別扱いだとわかる「旅行のお土産」

「かわいいラッピングだと嬉しい。周りと比べて『ひょっとして?』と思う」(10代女性)というように、旅行や出張のお土産を周りの人へ配るとき、意中の女性には特別な品を用意すると喜ばれるようです。包装にこだわるなど、ほかの人と差を付けてみましょう。


【2】デパ地下で評判の「人気スイーツ」

「地元じゃ買えない高級品だったりすると『おっ』と思う」(20代女性)というように、スイーツのプレゼントは基本的に好印象ですが、流行のお店で買ったものだと評価アップにつながるようです。食べたらなくなる「消えもの」という点も、女性にとって重すぎなくていいでしょう。


【3】実用品だからこそいいものを使いたい「上質なハンドクリーム」

「肌に付けるものだけど、男性にプレゼントされてもいやらしい感じがしないのがいい」(20代女性)というように、女性ウケと実用性を兼ね備えるハンドクリームは、もらって嬉しいと感じる人が多いようです。少し高級な品を選んで、何かのお礼という形で渡してみてはいかがでしょう。


【4】ひそかに好きなのを知っていてくれるとハッとする 「キャラクターグッズ」

「私のこと見ててくれてるんだなあって思います」(10代女性)というように、意中の女性が好んでいるキャラクターのグッズは、商品自体よりも「好きなものを知っていること」が喜ばれるようです。特別な口実がなくても「これ好きでしょ」とさりげなく渡せそうです。


【5】休憩のタイミングで差し入れる 「お茶やコーヒー」

「仰々しいプレゼントをいきなり渡されても困る。最初はちょっとした差し入れで十分」(20代女性)というように、仲良くなるきっかけ作りなら、飲み物程度でいいという女性もいます。受け取る側としても負担が少ないので、繰り返し差し入れして、自然に会話できる関係を目指しましょう。


【6】派手すぎず控えめなのが素敵な「一輪の花」

「花束は大げさで恥ずかしいけど、一輪なら抵抗なくもらえそう」(20代女性)というように、「花」を贈られて嬉しい女性は多いようです。目立つ花束よりも、オフィスの机にもそっと飾れる小さな一輪挿しなら、抵抗なく受け取ってもらえる可能性は高いでしょう。


【7】女性の好みをきっちり押さえた「香水」

「普段使っているのと似た系統の香水だと、『わかってるね!』と思う」(20代女性)というように、ちょっと気取った贈り物として「香水」はアリかもしれません。ただし、女性が普段使っているものと似た香りを選ばないとかえって迷惑になるので、下調べは万全にしましょう。


【8】自分で買うにはやや贅沢な「バスグッズ」

「いい匂いのバスソルトとか入浴剤とか、リラックスできて良さそう」(20代女性)というように、癒し効果の高い「バスグッズ」を歓迎する人もいます。オシャレな雑貨店などで、香りのいいものを選ぶとよいでしょう。


【9】仕事の節目などのお祝いに飲みたい 「ワイン」

「ちょっと高いワインとか、お酒好きなら嬉しいと思う」(20代女性)というように、プレゼントとして見栄えのいい「ワイン」も、相手によっては好まれるようです。日頃から「お酒好き」と知られている女性なら、何か理由を付けて評判の一本を贈るのもアリでしょう。


「何を贈るか」はもちろん大切ですが、突然のプレゼントは贈るタイミングも重要です。不信感なく受け取ってもらえるように、贈る理由もしっかり考えましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計285名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査