このタイミングでやる?彼女を激怒させた「間の悪い行動」9パターン

気心の知れた仲であればこそ、彼女の前では甘えたくなるというのが男性の本音でしょう。しかし、空気を読めずに独りよがりな行動を取ってしまうと、怒りを買うこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「このタイミングでやる?彼女を激怒させた『間の悪い行動』」をご紹介します。

【1】ケンカして気まずい雰囲気なのに、身体をべたべた触る

「機嫌が悪いときに甘えてくるのはイラッとするので迷惑」(10代女性)というように、心穏やかでない状況でのスキンシップは不快に思われてしまうようです。まずは気まずいムードの修復に専念するのが先決ではないでしょうか。


【2】ダイエット中なのに「このプニプニが好き」と二の腕をつまむ

「かわいいと言われようが、それはイヤ」(20代女性)というように、本人が気にしているぽっちゃり部位にわざわざ触れるのは禁物のようです。どうしてもつまみたいなら、全身マッサージの一環として揉むなど、彼女の羞恥心を刺激しない方法を考えましょう。


【3】友だちと楽しく飲んでいるのに「ねえ聞いてよ」と愚痴電話で邪魔をする

「二人っきりならいくらでも聞くけど、友達と一緒のときは考えてほしい」(20代女性)というように、自分の都合で愚痴を聞いて欲しがる自己中心的な態度でウザがられてしまうパターンです。思い立ったら即電話するのではなく、せめて相手の状況を気遣う必要はあるでしょう。


【4】周りに人が大勢いるのに過剰なスキンシップを要求する

「隙を見せるとチューしようとしてきたり、べたべたするのがイヤ」(10代女性)というように、所構わずベタベタしてくる男性に閉口する女性は多いようです。イチャイチャするのは二人きりのときに限り、人前ではスマートに振る舞うといったメリハリがあったほうが、甘いムードも盛り上がるのではないでしょうか。


【5】体調が悪くて寝たいのに、「いつものアレ作って!」とリクエストする

「こっちはしんどいのに、たまには自分で作れ!と思います」(20代女性)というように、彼女の体調不良に気づかず、無神経なお願いをして怒りを買ってしまったケースです。普段から、ただご馳走になるだけではなく、下準備や皿洗いなどに積極的に参加して、感謝の気持ちを示したいものです。


【6】買ったばかりの服を着ているのに、煙でモクモクの焼肉屋に誘う

「白いワンピの日にカレーうどんに誘うのとかもどうかと思う」(10代女性)というように、自分の食い気ばかりを優先して入るお店を決めるのもまずいようです。とりあえず、「何食べたい?」とリクエストを聞く習慣を身につけましょう。


【7】車の運転に集中したいのに「俺のどのあたりが好き?」としつこく聞く

「注意力をフルに使って必死なのに、それ今答えなきゃダメな質問?って感じです」(20代女性)というように、KYな問いかけで彼女をイラつかせてしまうパターンです。ナビ役を務めるなど、サポートに徹するのがベターでしょう。


【8】ハイヒールなのに「駆けっこしようよ!」と無邪気に煽る

「子どもっぽさはかわいく思えることもあるけど、場合によります」(10代女性)というように、悪ふざけが過ぎるのもいらぬ亀裂を招くようです。むしろ彼女の服装に応じてデートコースを変更するくらいの心づかいが求められるでしょう。


【9】仕事のメドが立たないのに、「何時に帰れる?」としつこくLINEを入れる

「イライラして仕事がはかどらない。やめてほしいです」(20代女性)というように、仕事中の彼女に何度も連絡を入れるのも迷惑がられてしまうようです。仕事は自分でコントロールできないことも多いので、一度聞いたらしばらく様子見する余裕を持ちたいところです。


短絡的な行動のせいで予想外の怒りを買ってしまうのは、よくあることのようです。良好な関係を維持したければ、常に彼女の身になって考える姿勢が求められるでしょう。(佐々木正孝)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

スゴレンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索