進学や就職などで新しい生活が始まり、気持ちが浮足立っている彼氏には、戒めの言葉を投げかけたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「新生活にはしゃぐ彼氏の『浮気』を牽制する一言」をご紹介します。

【1】「大変だろうけど、私のことも構ってね」と釘をさす

「『浮かれてんじゃねーよ』と思ったら、まずやんわり圧力を掛けますね」(20代女性)というように、浮ついている彼氏をさりげなく諫めるパターンです。いきなりきつい口調で言うと反発を招いてしまうので、最初はあくまでかわいらしく、すねているようなニュアンスで迫りましょう。


【2】「新生活、応援してるからね」と優しい言葉を掛けて良心に訴える

「誰と何をしていても、私の存在が頭をかすめるように暗示を掛けます(笑)」(20代女性)など、彼氏がよこしまな気持ちを抱いても罪悪感が芽生えるように、あえてしおらしく振る舞う人もいます。「がんばりすぎて体を壊さないか心配だよ」などと訴えて、あなたが本気で案じている様子を彼氏の脳裏に焼き付けてしまいましょう。


【3】「楽しそうでうらやましいな」とチクリと嫌味を言う

「嫌味のひとつでも言わないと、こっちが不機嫌になっていることも伝わらないので」(10代女性)など、皮肉を言うことで彼氏の頭を冷やす手もあります。刺激的な新生活にはしゃぎすぎて、こちらとの温度差に気づかないようなら、「気遣いが足りないんじゃない?」くらいのことは言ってもいいかもしれません。


【4】「新しくできた知り合いには『彼女持ち』って公表してね」と約束させる

「要は、ほかの女にフラフラいかなければいいだけなので、肝心なところを押さえます」(20代女性)というように、先手を打って悪いことができないようにするケースです。SNSに二人で撮った写真をアップさせるなど、彼氏の周囲に「自分の存在」を広めてしまえば、悪い虫は付きにくくなるでしょう。


【5】「浮気したらただじゃ済まないよ」と脅しを掛ける

「彼氏の気持ちが浮ついていたら、きっちり手綱を締めなきゃダメ」(20代女性)など、一度ビシッと警告したほうがいい場合もあるようです。普段はおっとりしている女性ほど、真顔で何かを言い渡したときの効果は大きいので、今回ばかりは声色を作って、彼氏に緊張感を与えましょう。


彼氏の浮かれ具合によって対応の仕方を考えましょう。(猫山民子)