女の子と焼き肉デート。限られたデートの時間において、できるだけ「男らしさ」をアピールして、次回のデートにつなげたいものです。お肉を焼きながら、コミュニケーションを深めることができる焼き肉デートにおいて、どのような瞬間に男らしさをアピールできるのでしょうか。今回は「焼き肉デートにおける男らしい振る舞い8パターン」を紹介させていただきます。

【1】煙のかからない席をいち早く判断し、女の子をその席に案内する。

空調設備が整い、煙が立たない焼き肉店が多いですが、多少の煙は発生してしまいます。周囲のお客さんのテーブルを観察し、煙の流れを把握して、女の子を煙がかからない席に案内しましょう。入店直後だからといって、配慮を忘れないように注意しましょう。


【2】女の子の要望を受け入れつつ、率先してメニューを注文する。

メニューを受け取ったら、率先して注文するものを決めることも重要です。女の子にメニューを渡し、「適当に選んでいいよ。」と言ってしまう方もいらっしゃいますが、このような場合、何を注文すれば良いのか分からず、女の子にストレスを与える可能性があります。女の子の要望を伺いつつ、率先してメニューを選ぶことで、男らしさをアピールできるでしょう。


【3】お肉の値段についてウジウジ検討せず、さっさと決断する。

良質なお肉を選ぶとき、「ちょっと高いかな・・・」などと値段についてウジウジせず、ズバッと決断しましょう。当然ながら、値段を確認しておくことは重要なことなので、他のメニューを選んでいる振りをしながら、値段をこっそりチェックしておくなどの工夫が必要となるでしょう。


【4】タレか、塩かも即座に判断する。

注文時に、「タレにしますか?塩にしますか?」など、お肉の味付けについてたずねられるケースもあります。そのときも、「うーん、どっちにしようかな・・・」と時間をかけて悩んだ場合、女の子をイライラさせる恐れがあります。「タレでもいい?」と女の子に確認しつつ、即座にどちらか答えましょう。また、選択に自信がない場合には、定員さんに「オススメはどちらですか?」などと聞いても良いでしょう。


【5】紙エプロンをためらうことなく身につける。

紙エプロンを用意している焼き肉店もあるでしょう。紙エプロンを装着することを恥ずかしがる女の子もいます。男性から率先して紙エプロンを装着し、女の子をリードすることで、男らしい振る舞いと評価される可能性があります。


【6】注文したメニューは残さず食べる。

たくさん食べる男は、「男らしい」と評価されるケースがあります。最後までテンション高く振る舞い、注文したメニューを全て食べきりましょう。なお、まだ残っている段階で、「俺はお腹いっぱい。全部、食べていいよ。遠慮しないで。」と女の子に押し付けないようにしましょう。


【7】高級なお肉を豪快に食べる。

高級なお肉だからといって、チビチビと食べては、「男らしい」とは思われません。高級なお肉であっても、豪快に食べ、男らしさをアピールしましょう。ただし、豪快に食べるとはいえ、女の子の分まで食べないように注意しましょう。


【8】美味しいお肉を食べた後、「うまーい!」と無邪気に感想を述べる。

美味しいお肉を食べた後は、「うまーい!」と素直に感想を伝えましょう。素直に伝えることで、「美味しいお肉を食べた!」という一体感が生まれ、女の子とさらに仲良くなるキッカケとなるでしょう。決して、お肉に関するウンチクを言わないように注意しましょう。


みなさんが既に実践していたり、参考になったりした項目はあったでしょうか。また、他にはどのような振る舞いによって、男らしさをアピールできるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。