真冬に見逃せない、雪の多い各地での雪あかりイベント。寒い季節限定の雪を照らすろうそくやライトアップは、真冬の幻想の世界。そして、心に灯がともるような美しさです。そこで今回は、2021年12月〜2022年2月に開催される、雪あかりを満喫できるイベントを厳選して7つ紹介します。



北海道 小樽雪あかりの路



(C)Koki Yamada / Shutterstock.com

北海道小樽「雪あかりの路」は、オリジナルのスノーキャンドルからろうそくの点火などすべてボランティアによるもの。キャンドルの灯火ひとつに、「手づくり」の温かさを感じることでしょう。

小樽運河に浮かぶ200個の浮き玉キャンドルは、冬に見る天の川。寒さを忘れ、北国の魅力へ引き込まれます。開催期間中、雪の中の灯りは絶えることなく町を照らします。
小樽雪あかりの路
開催期間:2022年2月5日(土)〜2月12日(土)
点灯時間:17:00〜21:00
開催会場:運河会場、手宮線会場、朝里川温泉会場
入場料:無料
公式サイト:http://yukiakarinomichi.org

北海道 さっぽろ雪まつり



(C)stock_shot / Shutterstock.com

北海道を代表するイベント「さっぽろ雪まつり」。日本で知らない人がいないほどの人気イベントですね。第72回さっぽろ雪まつりは、感染対策をしっかり実施した上での大通公園における縮小開催と、市民参加型コンテンツなどを実施するオンライン開催を組み合わせて開催します。大通公園のさっぽろホワイトイルミネーションは、さっぽろ雪まつり会期中も点灯。雪国らしい魅力ある都市景観を演出します。
さっぽろ雪まつり
<大通会場>
開催場所:大通公園 西1丁目〜西12丁目
開催期間:2022年2月5日(土)〜2月12日(土)
入場料:無料
公式サイト:http://www.snowfes.com/

北海道 2022千歳・支笏湖氷濤まつり 〜氷の美術館〜



(C)ちとせの観光

支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付け凍らせた、大小様々な氷のオブジェが立ち並ぶ、北海道を代表する冬の祭典です。昼は支笏湖ブルーと呼ばれるナチュラルブルーに輝き、夜は色とりどりのライトに照らされ、幻想的な世界を演出。会場周辺には、泉質の異なる良質の温泉があり、冷えた体を温めることもできます。
2022千歳・支笏湖氷濤まつり 〜氷の美術館〜
開催場所:北海道千歳市支笏湖温泉
開催期間:2022年1月29日(土) 〜 2月23日(水・祝)
開場時間:10:00〜20:00
ライトアップ:16:30〜20:00
入場料:高校生以上 500円(中学生以下無料)
公式サイト:https://hyoutou-special.asia/

北海道 五稜星の夢(ほしのゆめ)



提供:函館市観光部

数々の歴史の舞台となった特別史跡五稜郭跡。その堀が約2,000個の電球で彩られ、美しい星形が浮かび上がります。堀の外周に設けられた歩行者専用道路(一周約1.8km、周回する場合の所要時間は30〜40分)を散策すると、冬の初めの堀が凍るまでの期間は、水面に光が反射して揺らめき、華やかに。堀に氷が張ると、スケートリンクのように輝きが増します。さらに、氷の上に雪が積もると一面真っ白になり、幽玄の世界を楽しめます。時期や時間、天気、雪の有無で見え方が違うので、どんな景色に出会えるかはお楽しみです。
五稜星の夢
開催日:2021年12月1日(水)〜2022年2月28日(月)
開催時間:日没〜20:00
開催場所:特別史跡五稜郭跡(五稜郭公園)、五稜郭タワー
料金:公園散策は無料。五稜郭タワー展望料金は大人900円、中高生680円、小学生450円(団体割引あり)
事前予約:不要
公式サイト:https://event.hakobura.jp/945

秋田県 横手の雪まつり



日本の冬の名物詩、450年の歴史がある秋田県横手市の雪まつりのかまくら。雪の山をくり貫いたドーム型の雪洞の中に、灯りをともし、奥に水神様を祀る小正月行事。

2021年度横手の雪まつりでは、

  • ・ かまくら会場を設置し、観光用のかまくらを製作予定

  • ・ かまくら撮影会の実施を予定

  • ・ミニかまくらの会場設置予定

ただし、感染予防対策として、子ども達や地元の方々と観光客との距離を確保する運営方法を工夫します。
※今後の感染拡大状況によっては行事を中止する場合もあります。最新の情報や詳細は、決定次第、横手市観光協会のホームページ等で順次発表。
横手の雪まつり
開催場所:秋田県横手市
開催期間:2021年2月15日(火)、2月16日(水)
入場料:無料
公式サイト:https://www.yokotekamakura.com/2021/11/19/yukimaturi2022/

栃木県 湯西川温泉 かまくら祭



平家落人の里湯西川温泉では、日本夜景遺産に認定された「ミニかまくら」のライトアップ。小さなかまくらの中に灯された灯りは、ロマンチックでカップルに人気。泊まりがけで行って、名湯湯西川温泉のお湯も楽しみたいですね。
湯西川温泉 かまくら祭
開催期間:2022年1月29日(土)〜2022年2月28日(月)の毎週金・土・日・月
開催会場:沢口河川敷ミニかまくら会場
開催時間:17:30〜21:00(ミニかまくらのライトアップのみの予定)
入場料:無料
公式サイト:http://www.nikko-kankou.org/event/1210/

岐阜県 白川郷ライトアップ



1976年に重要伝統的建造物群保存地区として選定、さらに1995年には五箇山(富山県)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。近年では、世界遺産に登録されたことで知名度が増し、また交通網の整備により国内外から毎年多くの観光客が訪れています。そんな日本の原風景である農村文化・生活・暮らしを深く感じることができる「日本の故郷」のような場所である白川郷。ライトアップは完全予約制なので、早目の予約がおすすめですよ。
白川郷ライトアップ
開催日程:2022年は全6回開催
1回目 1月16日(日)
2回目 1月23日(日)
3回目 1月30日(日)
4回目 2月6日(日)
5回目 2月13日(日)
6回目 2月20日(日)
照明時間:17:30〜19:30
公式サイト:白川郷観光協会 https://shirakawa-go.gr.jp/lightup/