日本最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」では、多彩なアイディアが常時発信され、これまでもさまざまな挑戦が実現しています。そこでTABIZINEでは、キャンプファイヤーに寄せられた旅や地域にまつわるプロジェクトを連載で紹介! 今回は、録画できる双眼鏡「デイナイトスコープ」の魅力に迫ります。


●●
●●


デジタル録画双眼鏡「デイナイトスコープ」



遠くにいても対象の表情まではっきりと確認できる双眼鏡。スポーツ観戦や野外コンサート、野鳥観察、ハイキングなどのアウトドアレジャーでも活躍してくれますよね。



そんな双眼鏡を覗いたときの感動を映像として残せる新製品が、キャンプファイヤーに登場しました。デジタル録画双眼鏡「DAY NIGHT SCOPE(デイナイトスコープ)」は、肉眼では確認できないような遠方の対象物を見るだけではなく録画や写真撮影ができるんです。

周囲の人と一緒に見れる大型ディスプレイ





双眼鏡は覗き込むと一般的に丸く見えますが、こちらの製品は28インチの大型カラーディスプレイが搭載されており、より迫力のある映像を確認できます。

自分だけ覗き込んで楽しむ双眼鏡とは違い、周りの人と一緒に同じ画面を見られるのがうれしいですよね。視覚が広がることで動きのある物をしっかりと追えるというのも、大きな画面の利点です。

最大倍率10倍のデジタルズーム





モニター表示の最大倍率は、なんと10倍! レジャーや運動会など、程よい距離感で楽しむ場合は光学5倍ズームで。サッカー観戦や屋外フェスといった遠距離を対象にするなら、9段階で調整できる2倍デジタルズームと組み合わせることで、最大倍率10倍まで設定できます。

フルハイビジョンTVで再生できる高画質録画





動画の解像度は、1080Pのフルハイビジョン。家庭のフルハイビジョンTVでも高画質で再生できるので、臨場感たっぷりの映像が楽しめそう。写真は3Kの解像度で撮影することができますよ。

夜の撮影も鮮やかに





日中の録画だけでなく、夜の撮影にも対応。絞り値をF1.2まで設定できる明るいレンズが搭載されているため、肉眼では暗く感じる風景も、街の明かりなどを取り込んで色鮮やかにカラー撮影できます。都会の夜景や自然の中での星空観賞も楽しめるそうですよ。

2022年2月17日(木)まで支援募集!





今回紹介したデジタル録画双眼鏡「デイナイトスコープ」の応援募集期限は、2022年2月17日(木)までです。遠距離の撮影をより手軽に、本格的に楽しみたい人は、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で是非チェックしてみてください。

【デジタル録画双眼鏡「DAY NIGHT SCOPE(デイナイトスコープ)」】
・支援金額:税込55,840〜59,330円
・リターン:デジタル録画双眼鏡1台、レンズキャップ、ポータブルバッグ、USBケーブル、ストラップ、雲台、三脚台、専用microSDカード(32GB)
詳細はこちらから:https://camp-fire.jp/projects/view/533583

クラウドファンディングとは?





「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」、2つの言葉を組み合わた「クラウドファンディング」という新しい仕組み。発案者がウェブサイト上でプロジェクトを発信し、それを応援したいと思ったら支援者となって応援購入することができます。

新しい事業を始めようとしたり、個人的に考えたプロジェクトを実現させるために、金融機関からの融資や投資家からの出資に頼っていた時代から、スピーディに資金調達できる手段へと進化した現代の新しいツール。支援者にとっては、今まで知らなかったような新しい製品に出合えるきっかけにもなりますよね。

取材協力:CAMPFIRE