5月、宮城県名取市の尚絅学院大学の構内にツキノワグマが相次いで出没し、大学が設置したカメラがその姿を捉えていました。大学では、学生に対しクマに注意するよう呼びかけています。

周囲を見渡すようにゆっくりと歩き回るツキノワグマ。5月30日午前7時40分頃、名取市の尚絅学院大学構内の遊歩道に出没したツキノワグマの映像です。動物観察用に大学が設置したWebカメラに映っていました。

大学によりますと、構内でのツキノワグマの出没は、5月だけでも5件確認されています。5月3日から6月5日にかけて撮影されたクマと、30日に撮影されたクマは体格が異なることから、少なくとも2頭が出没している可能性があるということです。

大学では、学生に対し、夜間に大学敷地内を歩く際には、複数人で行動するほか、屋外のごみ箱などに食べ残しや容器を捨てないよう呼びかけています。