政治資金規正法の改正をめぐり、自民党が示した修正案について、野党の党首から相次いで批判の声があがりました。

立憲民主党 泉健太 代表
「工業製品で言えば不良品。農作物で言えば規格外。残念ながら合格点を出せないものが出てきた。本来、自民党は反省をして、野党の出してきた案に従うというぐらいの気持ちを持って改革に臨んでくれればいいんだけども、この部分について全部やる気がない」

日本維新の会 馬場伸幸 代表
「『反省している』と言うんであれば、各政党の中で一番先進的な、国民が見て『なるほど』『やっぱり自民党ってすごい改革するよな』『これで透明性が高まっていくよな』という案を出してくるべき」

立憲民主党の泉代表と日本維新の会の馬場代表は29日、BS-TBSの「報道1930」に出演しました。このなかで、29日に自民党が示した政治資金規正法改正をめぐる修正案について、泉代表は「全部やる気がない」と批判、現状では法案の採決に応じられない考えを示しました。馬場代表も「議論するだけ無駄だ」と同調しました。

一方、政権交代をめぐっては温度差も。

立憲民主党 泉健太 代表
「いつ選挙があるかわからないという中で、突然選挙があった場合には、野党で連合政権、これを作らなきゃいけない。連立政権を作るという可能性は十分あると思う」

日本維新の会 馬場伸幸 代表
「中途半端に政権を打倒することだけを目的にどこかの政党と組むとかいうことは非常に考えにくい」

泉代表が野党による連立政権の樹立も視野に入れているのに対し、馬場代表は政権打倒のためだけを目的とした連立政権について否定的な考えを示しました。