「TECHBLITZ」編集部では今回、「建設・建築」関連で幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報や国内外の大手企業協業事例に焦点を当てた「ConTech Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「建設・建築」関連のテックトレンド(プロジェクト管理、建機のスマート化、バックオフィス業務の自動化、環境に優しい建築etc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「ConTech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • 特集 <環境に優しい建材>
  • 大手企業の協業事例(海外)
  • 大手企業の協業事例(日本)

短縮版を入手する(無料)

建設・建築分野でのCO2の排出量は全体の3割超え、脱炭素化への取り組みも注目

 いまなお「紙」に大きく依存している産業のひとつと言われる建設業界ですが、テクノロジーの発展、そして労働力不足を背景に、IoTやデータ、AI、ロボット技術などを活用したデジタル・トランスフォーメーション(DX)が進んでいます。設計から施工段階に至るまで、あらゆるプロセスで業務の効率化と自動化が図られています。

 もうひとつの顕著なトレンドは、脱炭素化の動きです。国連環境計画(UNEP)とGlobal Alliance for Buildings and Construction(GlobalABC)のレポート*によると、建材の生産から実際の建設、そして建物の運用まで含め、2019年に広義の建設分野における最終エネルギー消費は35%に上り、それにともない排出されたCO2は世界のCO2排出量の38%を占めています。気温上昇を産業革命以前から1.5℃に抑えるという目標達成へ向け、新たな建材の開発やネットゼロ・ビルディングの設計、そして既存の建造物の改修など、幅広く脱炭素化を加速させるためのソリューションが求められています。

 このような観点から、本レポートでは、建設業界の様々な課題をテクノロジーの力で解決するConTechスタートアップを取り上げました。大手企業とスタートアップの協業も紹介します。特集ページでは、環境に優しい「建材」を開発、提供するスタートアップをピックアップしています。

* United Nations Environment Programme (UNEP) & the Global Alliance for Buildings and Construction (GlobalABC),
"2020 Global Status Report for Buildings and Construction"

作業の効率化、安全性の強化、人材不足解決などにIoTやデータ、スマート建機、ロボットなどを活用

 「ConTech Trend Report」は、以下の画像の内容で構成しております。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

短縮版レポートを入手する

 「カテゴリー概要」では、「建設・建築」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、「TECHBLITZ」編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • 設計・プランニング
  • 建材マーケットプレイス
  • プロジェクト管理
  • モニタリング・品質管理
  • 安全・リスク管理
  • 建機のスマート化
  • ロボット
  • バックオフィス業務の自動化
  • XR
  • 環境に優しい建築
  • モジュール式建築・3Dプリント

短縮版レポートを入手する

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「ConTech Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「ConTech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。