6日(土)は、関東などで気温が20℃くらいまで上がる所がありますが、次第に北風が吹き、気温は急降下。7日(日)にかけて九州から関東南部を中心に、冷たい雨が降る見込みです。

4日(木) 関東〜九州は雲が多く 九州では夜は雨

画像A

4日は、高気圧は、日本の東に中心を移すでしょう。東シナ海に低気圧が発生する見込みです。関東から九州にかけて、東から湿った空気が流れ込むでしょう。
北海道や東北は晴れる所が多い見込みです。関東から九州は雲が広がりやすく、紀伊山地の南東側にあたる三重県や九州の太平洋側で雨が降る所があるでしょう。夜は、西から気圧の谷が近づき、九州は広く雨が降り、四国でも雨が降りだす所がある見込みです。

5日(金)は二十四節気の啓蟄(けいちつ) 雨が降る地域も4月並みの気温

画像B

5日は、低気圧が前線を伴って、九州付近を通過するでしょう。九州や四国、中国地方を中心に雨が降る見込みです。紀伊山地の南東側にあたる三重県も湿った空気の影響が続き、雨が降る所があるでしょう。
5日は、二十四節気の啓蟄(けいちつ)。土の中で冬眠していた虫が、春の訪れを感じて、出てくるころです。暦通り、本州付近には南から暖かい空気が流れ込む見込みです。曇りや雨の地域でも、気温は高めでしょう。最高気温は、4月並みの所が多く、九州は20℃くらいまで上がる所が多い予想です。積雪の多い地域では、なだれにご注意ください。

6日(土) 次第に寒気南下 気温20℃から急降下

6日は、寒冷前線が、朝にかけて北日本付近を通過する見込みです。前線の通過した後は、本州に寒気が南下するでしょう。本州の南には前線が延び、前線上を低気圧が東へ進む見込みです。
北海道や東北は朝方を中心に雪や雨が降るでしょう。九州から関東にかけては、広く雨雲がかかる見込みです。
最高気温は、平年より高い所が多い予想です。ただ、北海道から北陸では、日中に気温が下がる所もある見込みです。関東や東海では、20℃近くまで上がる所がありますが、次第に冷たい北風が吹き、気温がグッと下がるでしょう。
虫たちも、急な寒さに驚き、再び土の中に、もぐってしまいそうです。

7日(日) 関東南部の山沿いで雪になる可能性あり

7日も、本州の南岸に延びる前線上を、新たな低気圧が東へ進むでしょう。今のところの予想では、九州から東海、関東南部を中心に雨雲がかかる見込みです。朝方を中心に、甲信など内陸で雪になる所があり、東海や関東南部でも、多摩地方や箱根、御殿場方面など、山沿いで雪になる可能性があります。平野部でも、雪がまじることがあるかもしれません。最新の気象情報をご確認ください。
関東地方では、最高気温は10℃に届かず、真冬並みの所が多いでしょう。気温の大きな変化で、体調を崩さないようお気をつけください。