メイン画像

21日(水)、気象衛星には北と南に雲の渦。北海道には寒気を伴う低気圧の渦巻きが、沖縄の南には台風2号に伴う発達した渦巻きが見られます。北海道は、今夜(21日)オホーツク海側を中心に雨で雪の所も。一方、沖縄はノロノロ台風の影響で週末にかけて高波に注意が必要です。

真夏日、台風、北は雪

21日(水)、本州付近は広い範囲で雲のない晴れのエリアに入り、九州から関東では初夏の陽気となりました。最高気温は大分県日田市や熊本県菊池市、熊本県山鹿市では30℃を超え、全国で今年はじめて真夏日となりました。また、東京都心や大阪、鹿児島などで、今年初めて25℃以上の夏日となりました。一方、沖縄の南には台風2号の渦巻きが、また北海道付近には寒冷渦と呼ばれる寒気を伴った低気圧に伴う渦巻きがあり、北海道のオホーツク海側では冷たい雨や雪となっています。北海道はあす22日(木)朝にかけて、オホーツク海側を中心に所々で雪が降るでしょう。真夏日、台風、雪と日本列島の南北の長さを実感する、まさに冬と夏が同居する一日となりました。

あすも初夏の陽気 東京は27℃

画像B

あす22日(木)も、本州付近は高気圧に覆われ九州から東北にかけて広い範囲で晴れるでしょう。北海道は朝までオホーツク海側を中心に雪の所がありますが、日中は天気は回復する見込みです。最高気温は九州から関東は25℃以上の夏日続出で、東京は27℃まで上がる見込みです。きょう以上に気温が上がり季節先取りの暑さとなりそうです。各地で、朝と日中の気温差が15℃前後と大きくなりますので、体調管理にご注意下さい、一方、沖縄は台風2号の影響で雨が降ったり止んだりとなるでしょう。

台風2号の動き

画像C

台風2号は、21日(水)午後3時現在、非常に強い勢力でフィリピンの東を自転車並みの速度で北上中です。あす22日(木)から東よりに向きを変え、あさって23日(金)にかけて沖縄の南を東へ進む予想です。沖縄では週末にかけて高波や強風に注意が必要です。