きょう11日、気象庁は「九州南部が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。

過去2番目に早い梅雨入り

気象庁は、きょう11日、「九州南部が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。昨年、平年より、ともに19日早く、過去2番目に早い梅雨入りです。
なお、1951年の統計開始以降、九州南部で梅雨入りが最も早かった記録は1956年5月1日ごろです。
今年は早くも長雨の季節が始まりました。
※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、この梅雨入りの発表は速報値です。秋に再検討され、見直されることがあります。

早くも雨の季節到来

きょう11日からあす12日かけては九州南部付近に前線が延び、前線の活動が活発化するでしょう。発達した雨雲がかかり、激しい雨の降る所がありそうです。大雨となる恐れがあり、注意、警戒が必要です。その後もしばらく、曇りや雨のぐずついた天気でしょう。