この週末は夏日の所が多く、北陸地方では今年一番の暑さになる所も。16日(日)は広く雨が降り、雨脚の強まる恐れがあります。北陸地方の梅雨入りも早まる可能性があります。

15日(土)は今年一番の暑さか 熱中症に警戒を

画像A

この週末は南から暖かい空気が流れ込んで、各地で気温が上がるでしょう。
特に15日(土)は、最高気温が25度以上の夏日の所が多く、福井や石川、富山では真夏日に迫る所もありそうです。
急な暑さに加えて湿度も高くなるため、熱中症に注意・警戒が必要です。
まだ体が暑さに慣れていない時期ですので、こまめな水分補給や休憩を心がけ、無理のないようにお過ごしください。

16日(日) 日中から夜をピークに雨脚強まる恐れ

画像B

16日(日)は前線が日本海まで北上し、北陸付近に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が一時活発になることもあるでしょう。
北陸地方は雨が降ったり止んだりで、日中から夜をピークに雨脚が強まり、17日(月)朝にかけて雨の量が多くなる恐れがあります。
前線の動きによって雨の降り出しやピークが大きく変わる可能性があります。常に最新の予報を参考に、今後の情報に注意してください。

北陸の梅雨入り 早まる可能性

画像C

北陸地方の梅雨入りの平年は6月11日ごろです。ちなみに、過去最も早い梅雨入りは5月22日ごろ(1956年)でした。
そして、16日(日)以降は前線が本州付近に停滞することが多いため、北陸地方も曇りや雨の日が多く、21日(金)から22日(土)ごろは前線が日本海まで北上して再び雨が強まるタイミングがありそうです。
また、きょう13日(木)発表の1か月予報によりますと、北陸地方では5月28日にかけて低気圧や前線の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多くなる予想です。北陸地方の梅雨入りも早まる可能性がありそうです。
側溝や雨どいの掃除や点検など、雨への備えは早めに済ませておきましょう。