メイン画像

12日土曜は、九州南部で「滝のような雨」が降り、警報級の大雨のおそれがあります。全国的に蒸し暑くなりますので、体調管理や食品の管理にも、十分お気を付けください。

天気のポイントは?

画像A

12日土曜は、梅雨前線が九州南部に停滞し、前線の活動が活発になるでしょう。そのため、天気のポイントは「沖縄や九州で、局地的に雨雲や雷雲が発達し、特に九州南部では、警報級の大雨のおそれがあること」です。
沖縄は晴れても変わりやすい天気で、午後は、激しい雨の降る所があるでしょう。「激しい雨」とは、バケツをひっくり返したように降る雨で、道路が川のようになるくらいです。
九州は断続的に雨で、南部を中心に、局地的に雷を伴い、非常に激しく降るでしょう。「非常に激しい雨」とは、滝のようにゴーゴーと降り続く雨で、傘が全く役に立たないほどです。また、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険なレベルです。
13日日曜午前6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、鹿児島県(奄美地方を除く)で150ミリ、宮崎県で200ミリとなっています。九州南部では、12日土曜昼過ぎから、土砂災害に警戒し、夕方からは、低い土地の浸水や川の増水・氾濫にも警戒が必要です。落雷や突風にも、ご注意ください。
中国、四国は、雨が降ったりやんだりでしょう。近畿や東海、北陸はスッキリしない天気で、所々で雨が降りそうです。関東甲信も雲が増えますが、こちらは天気の崩れはなく、午後は、晴れ間もでそうです。東北や北海道は、太平洋側では日の差す時間もありますが、日本海側ほど雲が多く、にわか雨の所がありますので、洗濯物の外干しは、お気を付けください。

気温のポイントは?

画像B

12日土曜の朝は、暖かい空気が流れ込んでいるため、全国的に、この時期にしては気温が高くなっています。
最高気温は、沖縄では30℃以上と、真夏日の続く所が多いでしょう。九州から東北は27℃前後、北海道は25℃くらいの所が多い予想です。全国的に11日金曜と同じか低いですが、それでも東京や仙台、札幌は、7月並みでしょう。
そして気温のポイントは「気温が11日金曜と同じか低くても、湿度が高くなること」です。そのため、昼間は蒸し暑さがレベルアップするでしょう。
湿度が高いことも、熱中症を引き起こす条件の一つです。熱中症情報を見ますと、沖縄は一番上の「危険」で、福岡や東京、仙台などは「警戒」レベルとなっています。マスクをしていると、喉の渇きを感じにくくなりますが、汗をかく前から、こまめな水分補給を心がけることが必要です。また、食品の管理にも、十分ご注意ください。