この先は晴れても雨が降っても、暑さが続きそう。来週末には梅雨前線が本州付近まで北上。梅雨入りは?

あす 局地的に激しい雨

画像A

あす13日(日)は、午前と午後で雨の降る場所と降り方が変わります。関東などでも急な雨や雷雨がありそう。
午前中に雨が降るのは、沖縄や九州から近畿。広範囲で雨が降り、発達した雨雲がかかる所もあるでしょう。梅雨前線に近い沖縄や奄美、九州南部は、局地的に激しい雨が降りそうです。
午後は雨の降るエリアが北日本まで広がるものの、東海から北海道では局地的に降る雨。原因は湿った空気や、上空に寒気を伴った気圧の谷です。関東甲信や北陸などでも、カミナリを伴って、急にザッと強い雨の降るおそれがあります。空模様の変化にご注意下さい。

梅雨前線 北上するのは来週末

画像B

あさって14日(月)〜18日(金)にかけて、梅雨前線は沖縄付近から南の海上に停滞する日が多くなります。梅雨らしい天気になるのは、沖縄だけ。すでに梅雨入りしている九州から東海は、月曜日以降は日差しがあるでしょう。16日(水)、17日(木)は広い範囲で晴れて、気温もグンと上昇。最高気温が35度に迫るような厳しい暑さはなくとも、30度以上の真夏日になる所がありそうです。
梅雨前線が本州付近まで北上するのは19日(土)。関東甲信や北陸は14日(月)にかけての雨で梅雨入りの発表がなければ、19日(土)の雨が降るタイミングで梅雨入りする可能性があります。いずれにしても平年より遅い梅雨入りとなりそうです。
北海道は14日(月)以降、厳しい暑さは収まりますが、関東から九州は晴れると強い日差しに汗ばむような陽気、雨が降れば蒸し暑くなりそう。喉の渇きを感じる前に水分を摂るよう心がけ、熱中症に気をつけましょう。