あす20日の関東は、朝晩は所々で雨。日中は晴れ間があり、気温上昇。21日は、さらに暑くなる。その先しばらく梅雨空が続く。

あす20日(日) 朝晩は所々で雨 日中は晴れ間あり 暑さに注意

きょう19日(土)は関東各地で雨が降っています。本州の南岸を進む低気圧や、湿った空気の影響です。
あす20日(日)は低気圧が次第に離れるでしょう。
明け方までは、ほぼ全域で雨。沿岸部では、朝も所々で雨が降りそうです。
昼前から昼過ぎには、雲の間から日が差すでしょう。最高気温は28度前後と、きょうより5度以上高くなる予想。湿度も高いでしょう。ムシッとした暑さの日は、体の熱が逃げにくく、熱中症のリスクが高まります。ノドの渇き感じる前に、少しずつ水分を摂るようにしましょう。運動や長時間の作業などは決して無理をせず、時間を決めて休憩をとるようにしてください。
なお、湿気が多いことや、気温が上がることにより、雨雲が湧きやすくなってきます。夕方には箱根や奥多摩方面をはじめ、山沿いの所々で雨が降り、夜は平地でもにわか雨の所がありそうです。

週間天気 21日(月)も日差しの力で気温上昇 その先は雨の日多く

画像B

あさって21日(月)は、午前を中心に晴れて、最高気温は広い範囲で30度以上になる見込みです。引き続き、熱中症対策を万全に。外出の際は、こまめな水分補給に加えて、日傘や帽子で直射日光を遮ることも大切です。室内で過ごしていても体調を崩す危険性があります。適切なエアコンの使用を心がけてください。
その先は、梅雨前線や湿った空気の影響で連日のように曇りや雨に。気温は平年並みかやや低く、暑さが落ち着くでしょう。24日(木)は、最高気温が22度前後の所が多くなり、日中も長袖で過ごせそうです。