24日土曜も、体温並みの暑さの所があり、熱中症情報は「危険」や「厳重警戒」の所が多くなっています。屋内でのスポーツ観戦も、万全な熱中症対策を心がけてください。

熱中症情報 一番上のレベル「危険」な所も

画像A

今週は前半を中心に、全国的に一段と暑くなりましたが、24日土曜も、北海道〜九州は、強い日差しが、気温をグングン押し上げるでしょう。ポイントは「北から南まで、厳しい暑さが続く」ということです。
最高気温は平年並みか高い所が多く、福岡など35℃を超えて、体温並みの所もあるでしょう。北海道でも、旭川や北見など内陸部では、34℃まで気温が上がると予想されています。東京都心の最高気温は33℃でしょう。
熱中症情報をみますと、新潟や福岡は一番上のレベルの「危険」、札幌や仙台、東京、名古屋、大阪、広島などは「厳重警戒」です。
気温が高いだけでなく、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件がそろってしまう所もありますので、熱中症の危険度が高まりそうです。また、自宅など屋内でも、スポーツ観戦などでヒートアップして、体に熱がこもってしまうと、熱中症のリスクが高まります。
こまめな水分補給はもちろん、換気をしながら適度にエアコンを使うなど、なるべく涼しくしてお過ごしください。

熱中症の応急処置 ポイントは?

画像B

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。
まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。