きょう27日(火)は、東北や関東に台風8号が接近。東北を中心に荒れた天気に。九州から東海では猛暑日続出で、万全な熱中症対策を。

台風8号 ゆっくり北上

画像A

きょう27日(火)午前6時現在、台風8号は千葉県銚子市の南東約230キロにあり、ゆっくりした速さで西南西に進んでいます。中心気圧は990hPa、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、静岡県や関東甲信、東北が風速15メートル以上の強風域に入っています。
台風8号は、今夜遅くからあす28日(水)未明にかけて東北に接近、宮城県か岩手県に上陸する可能性が高くなっています。

関東、北陸、関東 雨・風強まる

台風が近づく関東甲信は雨が降ったりやんだりで、北陸も新潟県を中心に雨。雷を伴って激しく降る所もあるでしょう。東北は太平洋側を中心に雨や風が強まり、局地的には滝のような非常に激しい雨が降りそうです。最大瞬間風速は30メートルと、海上を中心に立っていられないような非常に強い風が吹くでしょう。
予想される雨の量(多い所)は、あす28日(水)午前6時までの24時間に東北で200ミリ、関東甲信と北陸で100ミリとなっています。北陸と東北は、あさって29日(木)午前6時までの24時間に、さらに50ミリから100ミリの大雨が予想されています。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒・注意をして下さい。少しでも不安や危険を感じたら、避難情報の発表を待たずに安全な場所に移動することも大切です。

西日本を中心に 猛烈な暑さ

画像C

沖縄や九州から東海、北海道は、厳しい暑さが続きそうです。近畿や東海は雲が多めながらも日が差して、気温が上がるでしょう。最高気温は、広島や高知で35度と猛暑日の予想。佐賀や大分県の日田では37度予想と、体温を超えるような暑さになりそうです。また北海道は平年より気温が高く、内陸では35度近くまで上がる所もあるでしょう。
こまめな水分補給に加えて、汗をかいたら適度に塩分も取りましょう。外では日陰を歩いたり、部屋の中ではカーテンなどで直射日光を避け、室温を上げない対策をすると良さそうです。