きょう28日は、台風8号が宮城県に上陸。東北は大雨に警戒が必要な一方、北海道や西日本など晴れている所は、最高気温35℃以上の猛暑日続出となりそうです。北海道は午前9時台からすでに35℃を超え、初の熱中症警戒アラートが発表されています。こまめに休憩や水分をとり熱中症に厳重な警戒が必要です。

北海道 初の熱中症警戒アラート

きょう(28日)も、台風8号が上陸した東北では大雨に、その他の各地では危険な暑さに警戒が必要です。北海道や関東から西では晴れて、強い日差しと南風で気温がグングン上がっています。北海道網走地方斜里町(しゃりちょう)では、午前9時台に35℃を超えてきました。北海道では、記録的な暑さとなったきのう(27日)以上にハイペースで気温が上がっています。予想最高気温は、旭川市で36℃など、きょうも危険な暑さとなりそうです。
きのう(27日)は最高気温が旭川で36・2度まで上がり、統計史上1位の暑さに。また旭川は26日、27日と2日連続猛暑日となり、これも統計開始以来初でした。きょう(28日)も猛暑日になると、3日連続で35℃以上で更に記録更新となりそうです。旭川は最低気温が日本記録のー41.0℃なので、振れ幅が大です。
きょう(28日)はオホーツク海側を中心に、きのう(27日)よりさらに気温が上がり、道内各地で湿度も高くなりそうです。オホーツク海側には北海道として初めての熱中症警戒アラートも発表となりました。時間を決めた積極的な水分補給や、適切な冷房の使用を心がけ、昼前後の外出はなるべく避けるなど、万全の熱中症対策をとって下さい。

西日本・東日本も危険な暑さ

画像B

危険な暑さは、北海道だけではありません。関東から九州では、所々で最高気温35℃以上の猛暑日となりそうです。予想最高気温は、大分県日田市37℃。福岡県久留米市や佐賀市、山口市などで36℃、熊本市や熊谷市で35℃など、猛暑日となりそうです。東京都心は、きのう(27日)は、13日ぶりに30℃を下回りましたが、きょう(28日)は午前9時台に30℃を超え、最高気温は32℃の予想です。湿度も高いため、熱中症に注意が必要です。
熱中症警戒アラートが、沖縄の八重山地方、鹿児島県(奄美地方除く)、大分県、熊本県、長崎県、福岡県、山口県、高知県、北海道の網走・北見・紋別地方に発表されています。

熱中症に厳重警戒

画像C

熱中症警戒アラートが発表された所では、熱中症にかからないよう、積極的に取るべき行動が4つあります。
① 身の回りの気温や湿度、暑さの指数を確認しましょう、tenki.jp「熱中症情報」でも確認できます。室内でも気温や湿度をチェックし、適度にエアコンを使って、涼しくしてください。
② 特に熱中症になりやすいのは、高齢者や子ども、障がい者の方々です。そんな方々には、3密(密集、密接、密閉)を避けながら、周囲の方からも「こまめに水分補給をして」「なるべく涼しくして」「体調に変化は?」など、積極的な声がけを行ってください。
③ エアコンなどが設置されていない屋内、及び、屋外での運動や活動は、中止や延期などを検討しましょう。また、不要・不急の外出は、できるだけ避けてください。
④ 「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントは3つ。「暑さを避ける」「屋外で人との十分な距離(2メートル以上)が保てる場合は、マスクを外す」「こまめに水分補給をする」です。これらの「熱中症予防行動」を、普段以上に実践してください。