週末にかけて、関東甲信地方を中心に大気の状態が不安定です。晴れ間が出ても油断禁物。気温が上がる午後は、急な激しい雨や雷雨に注意が必要です。

週末にかけて不安定

画像A

週末にかけて、関東甲信地方を中心に大気の状態が不安定となりそうです。その原因のひとつが、元台風8号。通常の台風とは異なり、本州を西よりに進んだ台風8号。28日午前6時前に宮城県石巻市に上陸し、東北を横断。28日午後3時に秋田沖で温帯低気圧に変わりましたが、週末にかけて日本海に低気圧として居座り、次第に弱まる見込みです。
日本海に低気圧があると、本州付近は雨雲の元となる南から暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。また、上空には寒気も流れ込むため、気温が上がる午後を中心に大気の状態が非常に不安定となりそうです。週末にかけて、発雷確率(雷が発生しやすい確率)が高い所は、関東甲信を中心に近畿から東北にかけてです。1時間に50ミリ以上の、滝のような雨が降る所もあり、アンダーパスなど低い土地では一気に冠水する恐れがあるため注意が必要です。

ゲリラ雷雨に注意

画像B

ゴロゴロと雷鳴が聞こえる、急に冷たい風が吹く、日中であれば黒い雲が見えたら、雷雲が近づいているサインです。頑丈な建物に避難しましょう。また、「山の雷 川の増水」というように、山で雷雨があると、下流の川は晴れていても一気に増水することがあるため注意が必要です。