きょう29日も各地で厳しい暑さとなっています。午後2時までの最高気温は、大分県日田市で36.9度を観測しました。また、北海道では統計開始以来最も高い気温を観測しています。

北海道から九州まで 各地で猛暑日に

きょう(29日)も全国的に気温が上がり、厳しい暑さとなっています。午後2時までの最高気温は、大分県日田市で36.9度で、全国で最も高くなっています。そのほか西日本を中心に、最高気温が35度以上の猛暑日となっている所が多く、佐賀市と福岡県久留米市では6日連続、熊本県菊池市では4日連続の猛暑日となりました。
また、北海道でも厳しい暑さとなっていて、午後2時までの最高気温は、小平町達布で36.5度、稚内空港で33.3度、稚内市で32.7度、利尻空港で31.7度と、それぞれ統計開始以来最も高い気温となりました。また、稚内市沼川では、32.4度を観測し、統計開始以来最も高い気温と並びました。北海道も連日の暑さで、旭川市郊外の江丹別では5日連続の猛暑日、東川町で4日連続の猛暑日となりました。
また、午後2時までに、全国で約920の観測地点のうち、656地点で最高気温が30度以上の真夏日となっています。500地点以上で真夏日となるのは、13日連続です。

熱中症に厳重に警戒を

画像B

各地で熱中症に対して厳重に警戒が必要です。こまめな水分補給や休憩を心がけてください。また、屋外で他人との距離を取れる場合には、適宜マスクを外して休憩をするなど、熱中症にならないようお気をつけください。