向こう一週間は、所々に雨雲や雷雲がかかるでしょう。厳しい暑さが続きそうです。7日(土)は立秋、暦の上では秋ですが、残暑は例年以上に厳しいでしょう。

2日(月)〜8日(日) 所々で雷雨 厳しい暑さ続く 北海道35℃予想も

画像A

向こう一週間は、本州付近に、南から湿った空気が流れ込みやすいでしょう。5日(木)頃にかけて、晴れ間が出る所が多いですが、天気の急変に注意が必要です。連日、午後を中心に所々に雨雲がかかるでしょう。雨雲は発達しやすく、雷雨になることもある見込みです。週末は、比較的広い範囲に雨雲がかかる可能性があります。雷を伴って、雨脚が強まり、雨量が多くなることもあるでしょう。
最高気温は、九州から東北にかけて、34℃前後の日が続く所が多い見込みです。北海道も、連日30℃を超える所が多く、35℃くらいまで上がる所もあるでしょう。

9日(月)〜14日(土) 立秋過ぎても厳しい暑さ続く

画像B

9日(月)から14日(土)にかけても、湿った空気の影響が続く可能性があり、雨のマークがついている地域が多くなっています。ただ、夏の太平洋高気圧は、次第に本州付近に張り出す傾向で、夏空が比較的安定することも考えられます。予報には大きな幅がありますので、最新の気象情報をご確認下さい。
気温の予想にも大きな幅があります。6日(金)頃から、関東から北海道付近に、南西から暖かい空気が流れ込みやすくなるでしょう。今の予想より、気温が高くなることも考えられます。
7日(土)は、二十四節気の立秋です。暦の上では秋ですが、気象庁が7月29日に発表した1か月予報では、8月末にかけて、九州から北海道の平均気温は、平年より高い予想です。例年以上に残暑が厳しいでしょう。